資料請求

スタッフブログ

2011 8月 の記事一覧

『補償問題』。

大震災の被災者への補償問題ですが、

新聞や報道を見てドデンしました。

金額じゃないけれど、いろんな例がありました。

あるケースでは、被災失職と慰謝料5ヶ月で400万超え。 

はい、ビックリ!

傷は簡単には癒えませんが、

いつ戻れるかもわからないですが、

これをやれるだけの力が本当にあの会社にあるのか?

ここに注目ですね。

『どう変わっていくのか』。

さあ、日本の政治がまたコロコロ変わります。

新しい世の中はどう変わっていく?

今日もちょっとお客様と話題になりましたが、

選ばれた新しいリーダーはどういう舵取りをするのか!?

非常に、税と社会保障改革に燃えていらっしゃる方ですので、

いよいよ消費税問題がより現実のものとなるのかってな話。

 

上がる、あとはいつ上がるのかだけ。

本当に厳しい世の中です。

 

コロコロ変わっていいと思うのは、家づくり。

もちろん、守るべきバランスや外さない組み合わせなど、

ある程度トータルで考える中での規定路線というのはありますが、

より良い家にするために、どんどん出てくるアイディア、

決まっているけど、これもありなんじゃないかってな閃き、

これが最も大事なことだと思っていますし、できる限りは応えたい。

共に創り上げることで、より良い方向へさらに向いていく。

まあ、難しいんですけれどね。

変えない勇気と、変える勇気。

攻めるべきと、守るべき。

プロでも迷うときがある、家づくりは本当に奥が深い。

 

夢の中まで家づくり。

本当に好きなんです。

すべてはお客様のためにですから。

 

私の大事なお客様であるO様と、遅くなりましたがY様、

お心遣いに本当に感謝です。

どちらの現場も現在進行中なわけですが、とっても素晴らしい。

はい、もっと良くなります、いやもっと良くしますから。

『感謝しても…』。

ありがたいことに、今年の私の忙しさといったら、

そりゃぁ、お客様からも、「本当に大丈夫!?」と心配されるくらい、

よく、「マジで芸能人並みのスケジュールですね」って言われます。

 

ご迷惑をおかけすることがないように、何とか乗り切りたいわけですが、

まあ運命のいたずらか、まだまだやれるというお告げなのか、

混雑するときは本当に見事なまでにナイスバッティング…。

申し訳なく思うことも多々あります。

 

「何とかいい仕事でお返しできるように」という思いだけは、

どこにも誰にも負けるわけにはいかないが、

時々、すっかり記憶から抜けてしまう症候群の症状が出始めております。

申し訳ありません…。

 

私の仕事は、マイホームを通じてのお客様とのお付き合い。

よく、お引渡しでこうお話しさせてもらっています。

「家がある限り、いやたとえ家がなくなっても、一生続くお付き合いです」と。

何より、出会いに感謝ですから。

 

そんな私のお客様は、本当に素晴らしい方々ばかり。

感謝しても、足りない足りない。

いつも思うんですけど、ありがとうは、こっちの方です。

 

今日も、私の大事なお客様が、わざわざ私にプレゼントを!!

「特に仕事の話ではない、これを届けにきた」

ん~、びっくりサプライズ過ぎて、感謝の気持ちを伝えるのがヘタクソで。

素晴らしいお客様から、素晴らしい贈り物。

忙しいのに、あれこれ探してくれたんだろうな。

間違いなく、センス抜群なモノだろうな。

ワクワクのドキドキですが、見るのは今晩何時になることやら(笑)

ありがとうございます、M様。

『暮らしのガイドブック』。

我が能代市がこのほど新たに作成した、

「暮らしのガイドブック」が、市内全戸に配布されました。

 

能代市で暮らすとき、いろいろと頼りになるこの冊子、

特に、防災関連で内容を充実・刷新したとのこと。

 

弊社はこの事業に、わずかばかりではありますが

広告掲載という形で協力させていただきました。

もしお目にする機会があれば、どうぞご覧ください。

(北羽新報さんインターネット記事より)

『決断』。

「そろそろ自分たちもマイホームを…」

「いつまでも賃貸で暮らすわけにもなあ…」

「まわりでもみんな家を建てているなあ…」

 

「家づくりを考えるとき」というのは、

結婚や出産による家族数の変化など、これまでのライフスタイルが大きく変わるときがほとんどですが、

これに加えて、世の中の情勢もしっかりと見定める必要があることは、これまでも述べてきました。

そうですね、迫り来る消費税アップや各種補助金、優遇制度の終了のタイミングというものです。

 

実際にここ最近、「ライフスタイルの変化がきっかけ」というお客様より、

「将来の社会情勢を見定めて決断した」というお客様が多くなってきました。

 

もちろん、各種優遇制度の延長があるかもしれないし、

消費税だって震災後のこの世の中、実際にいつ上がるのかはっきりしない。

 

でも、世の中先送りしていいことなんてないというのが世の常です。

「いずれは…」と思っているうちに、一気に変わりますから。

消費税が10パーセントになるだけで、2000万円の家であれば100万円アップですよ。

コツコツと貯めた頭金100万は、この国の政策決定次第で持ってかれる!

家づくりに使おうとした、あれやこれに使おうと必死に貯めた100万円がね。

これに各種補助金や優遇制度がなくなれば…。

かかる費用も、グズグズしていたらなんと今より150万もかかるなんてことが起こるのです。

 

どうお考えになるのかは人それぞれ。

いつ建てるのかもそれぞれの自由。

最後は己の決断なのでしょうが、どうも迷っていていいことはまずない世の中ですね。

 

こういう決断って、旦那さんより奥さんの方がスパッといきます。

女性の勘というか、嗅覚って半端じゃないから(笑)

はい、奥さんが言い始めたら、それがそのご家族の「建て時」です。

『ところ変われば』。

関東や九州は超豪雨だったらしいですが、

今日の我が能代市は快晴。

久しぶりに暑いと感じるくらいでしたね。

おかげさまで新築現場は順調に工事が進んでおります。

 

いやあ、それぞれがすばらしい。

今日は気合いで5現場をまわって確認しましたが、

もちろん、予想通り狙い通りなのですが、

それでも、形があらわになっていく姿を見ると、

やっぱり、ジーンとくるんですよね。

 

ところ変われば、家づくりは変わります。

建てる場所によって、そしてまわりの環境によって、

日照や採光、通風やら、はたまた景観との融合やら、

実は本当にいろんなことを頭に入れながら、

そしてお何より客様にとって最適な、快適な暮らしになるようにと、

考え抜いた末の家づくり、それがサンワ興建の家づくりです。

もちろん、思い入れは当事者であるお客様にだって負けません(笑)

 

お客様にしてみれば、完成が心から待ち遠しいでしょうが、

決して期待は裏切りませんし、そして、想像以上を目指してますので、

一定期間の工期、何卒ご理解をいただければ幸いです。

すべてはお客様の本当のご満足のために。

『追加募集』。

そろそろかなって思っていたら、

本日からスタートしているようです。

 

はい、能代市の単独事業である、「秋田スギの温もり補助事業」です。

住宅の内装材や外装外壁材などに秋田スギを使用することで対象となるこの事業。

今年度の枠がまだ予算に達していないため、追加募集となっております。

 

新築やリフォームをご計画のお客様でご興味がある方は、

どうぞお問い合わせくださいね。

内装補助11件、外装補助7件の早い者勝ち勝負だそうです!!

『随時発表』。

本日より随時最新土地情報を発表していきます。

第一弾は、本日の北羽新報さんに掲載しました。

すでに一部のお客様には公開しております最新情報も、

今後順次明らかにして参ります。

土地から始まる家づくり。

次回は奥様憧れの、四小学区をお届け予定。

どうぞご期待ください。

『水の泡』。

おとなり県の大阪第二代表チームとも言われる高校をめぐる問題が、

非常に大きなニュースになっています。

 

甲子園終了後に、いわゆる世界大会選抜チームが発表されましたが、

この準優勝チームからは主力級が選出されておらず、

「!?」って思っていたんですよね。

まあ、選抜チームには甲子園にも出場していない選手も結構多かったのですが、

そしてどこで誰がどういう基準で選んだのかが、そもそも不透明なわけですが、

それでも、やっぱり疑問が残るわけです。

「もしかしたら、すでに情報が流れていたのでは!?」ってね。

報道などを見ると、結構やんちゃにあれこれしてたみたいですからね。

 

学校側も、関係自治体も祝賀ムードが一変、

寂しい気持ちでいっぱいだと思います。

せっかくの準優勝も、もはやかすんでしまった感じですね。

過ちは水に流せない。

あまりにも、痛すぎる代償です。

 

新チームだって、秋の大会出れるのか!?

今後の動向に、ますます注目が集まるでしょうね。

『わからないことは聞く』。

人生の中でも、そう何度もあることじゃないことを、

本日無事にやり終えてきました。

やっぱり、『わからないことは聞く』、これに限ります。

優しく丁寧にお世話くださった市役所の担当の方、

どうもありがとうございました。

 

はい、家づくりもそうです。

ほとんどの方がはじめて。

何から進めていけばいいのかもわからないところからのスタート。

それでいいんです。

そこから始まるのです。

 

「わからないことを隠さず、わからないと意思表示する」

これが一番です。

あとはお任せを、万全の体制でサポートさせていただきます。

 

お盆明け、またたくさんのお客様が家づくりで動き出しております。

土地もまた一気に動きがあるでしょう。

弊社でも、新しい動きを随時お知らせするタイミングになりました。

 

家づくりは、まずは動くこと。

そう、すべてはそこからです。