資料請求

スタッフブログ

2012 9月 の記事一覧

『醍醐味』。

とことん考えて、とことんこだわって完成する家づくり、

自分で決断し、そして自分で選んだモノや空間に囲まれて暮らす生活、

これこそ、マイホームの醍醐味ですよね。

 

出来上がる家に、必要な家具を入れる、

そして家電やアクセントや飾りなどのインテリアなど、

スペオキで揃えられた空間は、最高の贅沢です。

 

正直、いつまでも綺麗で傷のない状態を保てれば、

これに越したことはないのですが、

うっかりつけてしまった傷やシミ、凹みなども、

時間が経過すればなんてことはない。

これもまた、家族の生きた証拠や思い出となる。

 

家を建てること。

誰のため!?

そう、それはかけがえのない家族のため。

夢の暮らしを実現する、そんな家づくりにこだわりたい。

『ビックだって』!?

はい、今日の北羽新報さんに載ってましたね。

イオングループのビックが、旧高塙ロッキー跡地でしょうか、

どうも進出決定らしいですね。

 

ビックリ!?

いえ、そうでもないです。

東能代から高塙方面、その周辺にとっては、いい話です。

まあ、我が家からも近いですね。

おっと、私は買い物にはもちろん行きませんが。

 

それより、東能代のイオンはどうなった!?

こっちの方が詳細が気になりますって人、多いのでは。

『人が創る』。

家づくりには、実は本当にたくさんの手と人が入ります。

そう、家は人が創るものなのです。

 

まあ、なかには工場で仕上げられたハコを組み立てるような、

ユニット工法的な家づくりもありますが、

家づくりの醍醐味は、やはり人の手によるミラクルであると、心から思う。

 

施工実施図を基に、現場では作業が進められるわけですが、

そこから如何に、さらに最高の空間へとつなげていくか、

ここがポイントであるわけです。

じっくり考えもせず、変更なしで組み立ててはい終わり、

これでいいわけがない。

 

ここをこうして、そしてこうすればもっとよくなる。

ここにはこれを、そこはやっぱりこうする。

家に住まうお客様を考えて、想いと魂を吹き込んでいく。

何より、お客様から愛される家へ、そして快適な暮らしを支えるための家へ。

これが、人が創るということ。

本物の家づくりは、これができるかどうかだと思う。

 

であるからこそ、自分が手がける関わる家は、お客様よりも拘ります。

時に、ダメだしもする、反対もする。

絶対に妥協はしない。

必ず、感動をお届けしますから。

『カツカレー』。

昨日から一躍ブームになっている、カツカレー。

多くの食卓で、そしてカレー屋さんでオーダーが続出しているようです。

安倍新総裁効果、恐るべし。

でも、3500円のカツカレーって、ちょっと高くないですかね!?

 

『秋田が1位』。

NHKさんが発表した、受信料支払率について、

我が秋田県が全国1位という調査結果に。

これはやはり秋田の県民性が大きく影響しているのか。

非常に義理堅く、そして断れない性格とでも言いましょうか。

でも、これって名誉な全国1位ではないでしょうか。

ちなみに、全国最下位は沖縄県ですって。

う、うん、何となく、納得。

 

ええ、もちろん我が家もきちんと支払ってますよ。

確か年間払いじゃなかったっけか。

『暮らしを考える』。

毎日の生活の中で感じること、

毎日の暮らしで気付くこと、

自分で建ててみて、住んでみてわかること。

発見することが山ほどある。

ここからまた、次のブームを生み出します。

 

暮らしを考えること。

そう、何よりお客様にとって、

「ここにこれがあれば」

「ここをこう工夫すれば」

もちろん、機能性とデザイン性を融合させる。

少しずつですが、アイディアとネタは揃いました。

できる家とできない家があるのが難点なんですが、

実行に向けて、動こうと思います。

『三本柱』。

この度、我が能代高校が秋の全県大会を制覇、

秋とはいえ、それでも立派な成績ですね。

まさに三本柱と、得点を重ねる攻撃陣。

さすが秋に強い能代です(笑)

さあ、そんな風評を吹き飛ばせ!!

 

東北大会でどんだけやれるか、

いい経験になることは間違いないですね。

 

中央のあらゆる高校が敗退、今回は県南も元気がない状態、

まさに県内の高校野球はダンゴレースです。

ダントツの我が読売ジャイアンツみたいな高校はない!!

『鬼が…』。

来年の話をすると鬼が…でもないですけれど、

迫り来る消費税増税前の着工予定について、

来春スタート希望のお客様がどんどん多くなっています。

 

3月末から4月にかけてスタート、

ここに一気に集中するわけですから、

ある意味順番を決めて工事にかかることになります。

お客様の希望は4月の初旬でも、

実際には4月の末の着工なんてことが起こりうるということです。

 

早い人はすでに動いております。

来年の話をすると…、ではない状況ということです。

『祝オープン』。

有限会社 永沢様による、

『家族葬会館 清香庵』、

本日のオープン、誠におめでとうございます。

心より、お祝いを申し上げます。

(本日付 北羽新報さんより)

『完成内覧会』。

明日あさっての二日間です、

能代市落合字下大野、「双つ山団地」内にて、

完成内覧会のお知らせです。

どうぞご来場くださいね。

<22(土)付 北羽新報さんより>