資料請求

スタッフブログ

2012 12月 の記事一覧

『年末年始のお知らせ』。

弊社は1月6日まで年末年始休業となります。

緊急時は各担当までご連絡いただければ幸いです。

なお、2日からは事務所にも社員が待機しております。

各モデルハウスは、2日より6日まで、

家づくり相談会として公開いたしますので、

どうぞご来場ください。

『今年もまた』。

今年もまた、数多くのお客様との出会い、

そして家づくりに携わることができました。

 

私にとっては、どのお客様も、そしてどのお家も、

全力で、そして想いを込めたつもりです。

お客様が快適にお暮らしになられていることこそが、

活力であり、そして励みです。

 

また来年も、多くのお客様との出会い、

そして新たな家づくりがあります。

すでに始まっているお客様もいらっしゃいますが、

誠心誠意、期待に応えるべく、精進するのみ。

 

まずは今年のお礼と、来年への決意まで。

よいお年を。

サンワ興建は、走り続けます。

『一気に増える』。

今日から本格的に帰省が始まったのか、

能代市内は時間帯でひどい渋滞でした。

 

この年末年始は、一気に人口が増えます。

普段もこのくらい活気があればなと思うのですが、

まあ仕方のないことです。

 

ただ、能代を知らない県外ナンバーの車、

これは本当に危険でして、恐いってもんじゃない。

大きな事故等がないことだけを祈ります。

 

そして、年末年始はアルコールと食べ物の摂取が、

これまた一気に増えるわけです。

はい、このチャンスは貴重ですので、

浴びったげ飲みたいと思います。

『スーパースター』。

残念ながら、一つの時代が終わったという現実、

これを私が受け入れるには、少々時間が必要です。

スーパースターがついに現役を退くこととなりました。

 

超高校級として、その名を全国に馳せ、

導かれるように我が読売巨人軍に入団、

その後の活躍は今さらコメントするまでもない。

 

日本球界復帰も、個人的には彼だけは特別でOK、

そんな期待もしていましたが、今回の決断がまたスーパースター。

夢と希望、そして感動を何度もいただきました。

 

さあ、そして新たなスーパースターの登場か。

秋田NHに、超スーパールーキーが入団ですね。

進路が注目されていたわけですが、選んだ先が秋田とは、

彼もまたスーパースターの素質十分。

非常に期待が持てます。

マジで応援に行こうかなと思わせるこの加入のニュースは、

秋田にとっても喜ばしいニュースです。

中村HCの偉大さがまた際立ちます(笑)

 

年の瀬に、とんでもないビックニュースが二つ。

今日はスーパースターの話でした。

 

『ヒートポンプだって』。

こう寒いと、さすがのヒートポンプも大変です。

まあ、ヒートポンプの仕組みを考えれば当然ですが。

 

空気熱(大気熱)と電気を使って熱やお湯を作り出す、それがヒートポンプ。

ということは、外気温に左右されることがあるということですね。

 

ここ数日みたいに、とんでもない寒波に見舞われると、

外気温が氷点下の極寒状態になります。

例えば暖房で考えればこういうことです。

マイナス5度から23度の熱をつくるのと、10度から23度の熱をつくる、

圧倒的に効率が変化するわけです。

これは給湯でも同じこと。

マイナス5度から80度のお湯をつくるのと、10度から80度をつくるのと、

そういうことです。

 

ヒートポンプだって、頑張っているんですが、

外気温に左右され、効率が落ちることもある。

それを知っているかどうかです。

 

使い方やその仕組みを理解しながら、快適な暮らしのために適切な使用方法、

これが重要です。

 

ここ数日、エコキュートの循環口での凍結が能代山本でも起こっております。

こう外気温が下がると、起こりうる現象です。

どうしても凍結は避けたいという場合は、こういう方法です。

(パナソニックさんより )

 

入浴後、残り湯または水をお湯張り循環口より上までためておく、

これで凍結防止の循環運転システムがきちんと作動します。

原始的な方法に見えますが、これが一番手っ取り早い。

 

このエコキュート循環口の凍結は、当たったら残念みたいなところがある。

ホント不思議ですが、起こりうる家と、起こらない家があります。

建築地、日照、低温、そして風や吹きだまりなどの諸条件が重なり、

ケースバイケースで凍結が起こるのです。

 

キッチンや洗面、お風呂のシャワーは出るけれど、

お風呂のお湯張りだけが出ないなんてことになる場合があります。

冬はまあ、この方法を実行するとまず凍結は防げますが、

そんな我が家は、実はまったくやってないです。

凍ったら、はい融けるのを待つ(笑)

なんか、ずっとお風呂に水やお湯を張っておくのが、どうも苦手でしてね…。

おっと、私の真似はしないほうがいいですよ!

『雪害』。

もはやロマンチックなどと言えるレベルではない、

ホワイトクリスマス後のこの暴風雪。

せつない!?いや雪害です。

そうなんですよ、遭難一歩手前。

 

昨日もすごかったんですが、

今日はさらに軽くその上をいってましたね。

高速道路は封鎖により、大渋滞。

ただでさえ大渋滞なのに、地吹雪により超低速走行。

うかつに曲がれない、というか前見えない。

久しぶりに、これはマジでヤバイと思いました。

 

大人になると、雪はまったくもって不必要、

子どものあの頃のように、雪降れ~なんて、

残念ながら微塵も思いません…。

ロマンなんてとっくに忘れたさ、現実がすべて!

 

朝の家の前の除雪だけですでにうんざり、

ああ、ロードヒーティングが恋しいです。

 

『クリ寒』。

しかしドッと降りましたし、一気に気温が下がりました。

まさにドカ雪クリスマス寒波到来、

風もものすごく強かったですね。

 

あちらこちらで事故を見かけた一日でした。

横転する車、見事に突っ込んでいる車、そして衝突している車、

こういう日は、本当に事故が多いです。

 

気をつけても気をつけても、どうにもならない時もある。

自損事故、そしてもらい事故。

もらいたくないクリスマスプレゼントであることは間違いない。

確か去年も、この頃から一気に積雪が増えた覚えが…。

 

雪が積もらない道路、そして凍らない道路の仕組みができないものか、

ツルツルを溶かしながら進む自動車とかタイヤとか、

そんなことを真剣に考えるのは私だけでしょうか!?

『軽減税率』。

消費税増税とセットで検討されている、軽減税率です。

食料品など、特定の部分には税率アップをかけないという、

国民の生活に大打撃を与えない、まあそんな狙いがあるわけです。

 

ただ、こうなれば起こるわけですよね。

軽減税率の適用をめぐる水面下での攻防とその争いが。

「我が業界こそ、軽減税率を」

「いやいや、わが業界こそ、軽減税率だ」

報道はあまりされてませんが、もうとっくに始まっているわけですがね。

 

しかし、完全に景気は後退局面に入ったと言い切る専門家もいます。

このタイミングでの増税が何を意味するか、

ただでさえ、今年を乗り切るのですら大変な世の中なのに、

特に来年3月以降は、本当にどうなるかわかりません。

すごい世の中です。

 

暗い話ばかりですが、せめて今日だけは楽しく過ごす、

そんなご家庭も多いのでは。

年に一度のクリスマス、どうぞ素敵な時間を。

『流行っている』。

県南のあのお店がついに能代に進出。

毎日前を通りますが、ずいぶんと流行っている。

車の台数がとにかくすごいですね。

流行に乗れず、まだ行けてない~。

こっさりは当分先になりそうです。

 

収納空間を採用するお客様が増えている。

制限クリアの高さでつくるあの空間のことです。

やはりあるとないとでは違いますからね。

この流行は、ずっと続くような気がする。

 

流行りはまわりをも動かす力がある。

人が次から次へと集まるわけです。

人、そしてまた人。

 

真似ではないが、いいものは当然ながら選ばれる。

そうそう、とんでもなく売れている日本一のあの車が、

ついに我が家にも到着しました。

妃殿下へのクリスマスプレゼントですが、

私、はばけそうです…。

『天国と地獄』。

例のあの噂、何事もなかったので一安心です。

一体なんだったのでしょうか!?

 

冬の厳しさが本格的に到来する時期、

やはり低温と積雪は、雪国に住まう者を脅かします。

そんな中、お引渡しを終えて実際に新居に住まわれているお客様が、

「快適に暮らしています」

このお言葉が何より一番嬉しいことです。

 

昔ながらの、冬のすきま風が入る家、

居間を出ると心臓が止まるくらいの温度差にブルッとする家、

こういう生活から、どこでもいつでも暖かい家へ、

「天国と地獄」と表現する方もいらっしゃいます。

 

ヌクヌク生活、これ以上の幸せがどこにある的な暮らし、

最高の贅沢ではないでしょうか!?

まあ、あまり暖かすぎて眠くなったり、暑過ぎて布団蹴っ飛ばすとか、

人によって、暮らしの中でカスタマイズ調整する必要もありますがね。

 

方言で「あめる」、てなわけではないですが、

何よりもう外には出たくない症候群に陥る、

それが新築のパワーなのです。

でも、人として退化しないようにしませんとね。