資料請求

スタッフブログ

2013 1月 18 の記事一覧

『テレビの力』。

ブルっとどころではない、今日の秋田県内、

うん、ほとんど前が見えない日。

とんでもない天気でしたね。

 

こう身も(心も)底から冷えると、

恋しいのはやはり温もりです。

そう、きりたんぽが食べたい!!

 

昨日の某TV番組でやってましたよね。

都会ではまだまだ知名度が低いのには少々ガッカリしましたが、

〇の〇んたさんがきりたんぽ好きって、何だか嬉しかったのは私だけ!?

しかし、秋田市内の方々がそんなに食べないのには、正直…。

なんだそりゃって感じです。

温度差、こういうところに出るんだよな…。

 

県北ではもはや説明の必要なし、

それがきりたんぽであり、きりたんぽがない世の中は私には無理。

 

きりたんぽは、儚く、奥ゆかしく、艶かしい。

もっときりたんぽを広め、ブームを起こす、

今の秋田にはこれが必要だ!!

きりたんぽ予算をつければいいのに。

 

とまあ、語ればキリがないのですが、

テレビでは、「王道の7種類」の説明もありましたね。

きりたんぽ、比内地鶏、舞茸、ネギ、白滝、セリ、ごぼう、

7色の芸術が生み出すシンフォニーは、まさに至極の極み。

中華丼も良かったけれど、やはり、きりたんぽでしょう。

藤姉さんがプレゼンしたところに、やはり意義がありました。

 

ただ、実情は地域差があるのも事実でして、

我が能代も、ところによっては、油揚げやらニンジンやら、

そんなきりたんぽもあるわけですよ。

 

でも、私は個人的にこの王道の7種類がやはりベストであると思う。

そして、翌日のドロリッチきりたんぽ、

これがもう言うことなしです。

 

きりたんぽは、ばあさんの味。

まあ、昔から勝手にそう思って生きてきたわけですが、

最高に旨いきりたんぽの伝承、

ガッツリとガラから始まるきりたんぽ、

作れる人、作る人が減っています。

これをどうにかしないといけないと私は思う。

それから、残念ながら今ではたんぽは店から買う時代です。

何か、さみしいんですよね。

 

とまあ、きりたんぽ好きにはたまらない話なわけですが、

テレビの力で、もっときりたんぽが日本各地に広がるよう、

巷でブームになることを祈ります。

今年の冬のトレンドは、きりたんぽパーリーで決まり!?

 

(インターネットより きりたんぽ)