資料請求

スタッフブログ

2013 2月 の記事一覧

『再建そして再開』。

ついにこの日を迎えました。

能代市二ツ井町の名店、

中華料理 『萬福』 さんが再開です。

 

本当に多くのファンが待ち望んだこの日、

残念ながら、私はその瞬間に立ち会うことができませんでした…。

ガーン。

 

本日付けで、 北羽新報さんにも竣工オープン広告を載せております。

七尾様、誠におめでとうございます。

益々のご活躍をお祈りいたしております。

一発目は、味噌ラーメン食べに行きますね。

私をここまで育てていただいた味ですので。

『時代の流れとは言え』。

大館市内の小中学校では、トイレの洋式化が進んでいるようです。

老朽化した校舎のトイレ、基本和式なわけですが、

今後、すべてを洋式にするんですって。

 

今では各ご家庭でもトイレは洋式化の流れ、

時代の流れとは言え、すごいことですね。

 

和式を知らない子ども、

和式ではできない子ども、

実際に多いとか。

生きていけるのか!?

そんな風に考えてしまうのは私だけでしょうか!?

まあ、そういう私が実は何を隠そう、

洋式ウォシュレットじゃなきゃダメ人間なんですが…。

トイレ、毎日ですからね。

大きな問題です。

しかし、〇ットンなんていまの子どもは知らないんだろうな。

 

『壊れるほどの衝撃』。

今日、路面のデッコボコでやられました。

壊れるほどの衝撃に、見たらエアロが割れていた…。

あ~あ。

 

壊れるほどの衝撃つながりでもないですが、

現在、衝撃的な家づくりプロジェクト2013を着々と進行中。

一度見たら忘れられない衝撃、

そこで暮らした時に気付く衝撃、

いい家は、何度見てもいい。

いい家は、毎日暮らしても、いい。

そんな家、とことんやります。

平成25年度のブームが生まれるまで、もうちょっとですね。

どうぞご期待ください。

 

『世界一の低燃費』。

しかしついにここまで達するのか!?

世界一の低燃費を掲げる、VWの「フォーミュラXL1」です。

(インターネットより VW フォーミュラXL1)

 

詳細はよくわかりませんが、すごいです。

その低燃費ぶりもすごいのですが、

特筆すべきは、そのデザインです。

 

ここ数年、車のデザインといえば、

どちらかといえばゴツゴツのガンダムチックな流れがありました。

(個人的にはそう思っていました)

 

この曲線美とフォルム、これはヤバい。

車という閉鎖的空間は、実はものすごい技術とセンスの集大成です。

泣く子も黙る、超VIP車はいつ見ても外も中もスンゲー完成度です。

 

このこだわり、半端じゃない。

恐るべし、VW。

 

曲線美というのは、なかなか家づくりでは難しいですが、

(予算さえ度外視にすれば、やれないことはないはず…)

その心意気だけは、常に忘れないようにしています。

せっかくの家づくりです。

拘る、かっこつける、美しさを求める。

そう、溜息が漏れるような。

 

曲線美、まぁいつかはやってみたい家ですね。

 

『今日ほど』。

はい、今年一番の猛烈な吹雪、

いったいどうなってしまうのかと思いました。

自分の会社前で、遭難一歩手間状態でしたもん…。

除雪は来てない、路肩が見えない、

というか、数メートル先が見えない。

 

今日ほどの天気も珍しいです。

こんだけになると、改めて思います。

今日ほど、新築のありがたみがわかる日もないと。

一歩外に出ると、どの家も地吹雪により真っ白。

でも、家の中は快適で、地吹雪も強風も気付かない。

ついウトウトしてしまう、それが新築の持つパワー。

 

家って、本当に大事なんですよ。

そういうことです。

しかし、アクロス渋滞がほとんど昼はありませんでした。

今日はそれが正解ですね。

『思い出が…』。

しかし火事というのは、恐ろしい。

本当に一瞬で、一気に全てを覆い奪っていく。

我が思い出も、もはや跡形もなく消えていくのか…。

 

我が家は昔から本当にお世話になっておりました。

今は亡き祖父が大のお気に入りで、その影響か我が父も。

我が家では焼肉といえば、問答無用に大同門だったのです。

 

まあ毎日焼肉でもいいと思っていた子ども時代と違い、

今は外食で焼肉、本当に少なくなりました。

歳を重ねるにつれ、年に数回となってしまっていたわけですが、

変わり果てたその姿に、胸が痛い…。

 

焼肉が嫌いという人はまずいない。

我が王子も、もちろん大同門で育てようと思っています。

お見舞い申し上げますと共に、一日も早い復活を祈っております。

『ついにきたか』。

路面の凍りっぷりにはアッパレです、

家の前でまさかの転倒した話は置いておきます。

 

今日は、夢の生活が近づいているのかという話です。

アメリカのグーグル社がこのほど、ついに動きましたよね。

メガネ型携帯端末、「グーグル・グラス」の試用販売、

ニュースになってました。

 

小さい頃、男の子ならば誰もが夢見たアイテム、

そう、スカウターが現実のものになります。

まあ、戦闘力を計測する機能はないでしょうが、

通話やメール、天気予報や道案内など、

メガネ型携帯端末には、末恐ろしい可能性が無限大。

まさに、未来のカタチがそこにはある。

 

スマートな暮らしとは、こういうことなんだと思う。

これは日本でも実用化が急がれます。

メガネと携帯端末機能の融合は、そう遠くはない。

個人的には、非常に楽しみな話です。

しかし、すごい時代ですね。

 

さて、告知です。

明日あさっての二日間、

最近特にお客様が気になっているアレについて、

無料相談会を開催いたします。

いつまでに建てればいいのか!?

この違いは実に大きい。

知らないとマジでという内容です。

弊社御指南町モデルハウス「ルミエール」にて、

どうぞお気軽にお越しくださいね。

『コスパ』。

早くて安くておいしいというキャッチフレーズ、

ファストフードなど、その典型と言われておりますが、

あくまでも、そのコストパフォーマンスは、そのコスト内でしかない。

 

100円で食べられるアレだって、100円だから選ぶわけで、

あれが1000円だったら、誰も買いません。

 

では、家にあてはめて考える、コスパの話です。

もちろん、最高級からローコストまで、幅広いわけです。

では、安くて本当にいいというのはあるのか!?

何ちょらキャンペーン的なボーナス企画でない限り、

普通はありません。

 

街中を見てください。

建って一年もしないで無残にも汚れている外壁の黒ずみ…。

もっとグレードの上の外壁との違いのすごいこと!

見かけは変わらないように見えるドアや床でも、

細かな部分での配慮や機能の違うこと!

 

こういう見える部分だけではない。

むしろ、見えない部分で顕著なのが、

ローコスト系の恐ろしい実態です。

 

基礎や構造体、断熱や気密、その他まあ挙げればキリがない、

家の性能を大きく左右する部分でコストカット、

これが現実に行われている恐怖。

 

安くて暖かい家。

安くて電気代がかからない家。

安くて地震に強い家。

安くて、いい家。

常識で考えて、できると思いますか!?

 

家というのは、コストに比例する。

これが持論であり、だからこそ我々の仕事がある。

一生モノの家、見せかけに騙されてはいけない。

まあ、ローコストでいいという考え方を、私は別に否定はしないけど。

 

自分が住んでも後悔しない家、自分でもそう建てる家、

コスパとは、その中で判断されるべきものだと思っている。

適正価格で、想像以上のパフォーマンスと仕上がり。

私の考えるコスパは、そういうこと。

 

家というのは、本当に正直です。

かけた愛情と金額の分だけ、きちんと応えてくれるので。

 

『マイナーチェンジ』。

あまり知られていないことが多いのですが、

毎年であったり、または一定期間を経て、

もっと使い勝手がいいように、もっと選択肢が増えるように、

各住宅設備であったり、建材関係はマイナーチェンジを重ねます。

 

選べるカラーが増えたり、選べるカタチやデザインが増えたり、

マイナーチェンジは、実はお客様にとってメリットのことの方が多い。

 

このタイミングにうまく当てはまると、ラッキーです。

いち早くトレンドを取り入れられたり、新作を選べたり。

いつマイナーチェンジがあるか!?

それはメーカーさん次第です。

 

いいものは積極的に取り入れたいと思いますが、

新しければいいというわけではない。

ここが重要です。

『タイミング』。

なぜか明け方に壇〇さんが夢に出てきた話は置いておいて、

今日はちょっと住宅に関するマジメな話を。

 

タイミングが非常に重要になります。

ええ、家を建てるタイミングによっては、

これまで以上に、無駄にお金がかかってしまうということ、

でも、意外とまだ浸透していない現実。

 

消費税増税のタイミングは、本当に桁外れな破壊力です。

「いずれ…」、なんて余裕はもうないのです。

 

住宅ローンの動向だってそうです。

世の中の景気動向に合わせ、必ず金利は上がる。

 

それから、被災地復興と合わせ、

建築資材の高騰が問題視されつつあります。

ええ、価格が上がっているものもある。

合板が足りないとか、断熱材がとか、

一部で動きが出ているという話も聞きます。

 

最近、「いつやればいいの!?」的相談が非常に多いですが、

まさに、今がそのタイミングであることは間違いない。

もっと詳しく聞きたいという方は、ご相談ください。