資料請求

スタッフブログ

2013 3月 24 の記事一覧

『事情が変わる話』。

これからの家づくりと、とても密接に関係するのが、

オール電化の今後の行く末だと思います。

すでに一部のお客様からも、いくらかお問い合わせがあります。

 

まあ、簡単に説明しますとこういうこと。

東日本大震災以降、国内では原発が稼動できず、

これまでの電力事情が、これまで通りにいかなくなるという構図、

それで電気料金が上がるというしくみなのですが、

家だってそう、オール電化と原発というのは、セットなんですよね。

深夜の安い電気料金という恩恵は、原発あってのもの。

その原発がNGなら、深夜割引なる優遇も当然NGとなってしまう。

電気料金の値上げというのは、そういうところからの話なのです。

 

これはかなり専門的な話にはなりますが、

そう遠くない先、新規の深夜マイコン割引契約は廃止されますし、

それから、電気使用量が大きい機器は、料金面で不利になる、

つまりCOPの高い機器が必須条件になってくるわけです。

 

これは今でもそう、ヒートポンプの採用がその例です。

蓄熱系から、ヒートポンプ系への流れがさらに加速します。

まだヒートポンプじゃなくてもいいではなくなるということです。

というか、まだヒートポンプじゃないって、

それはちょっとと思うわけですが…。

 

誤解のないように補足しておきますが、

これまでに家を建てられた方の深夜マイコン割引は継続です、

一定の経過措置期間の後で、いずれ新規の扱いがなくなるということですので。

詳しくは、電力会社さんのHPにも載っておりますが、

知っていなくてはいけない情報です。