資料請求

スタッフブログ

2013 5月 03 の記事一覧

『グレードの違い』。

家を構成するすべての部材には、

それ相応のグレードというものがあります。

 

外壁だって、多種多様なグレードがあり、

断熱だって、いろんな断熱材がある。

水廻りや建材だって、最高級から一般的なものまで、

いわゆる、金額の違いがグレードによってあるわけです。

 

もちろん、一般普及タイプが悪いというつもりは、さらさらありません。

重要なのは、それが十分に満足できるコスパを発揮できるかどうかです。

そして問題なのは、メーカーが違えば、モノも大きく変わる、

これを事実として、しっかりと認識しておかなければならないことです。

 

同じグレードでも、メーカーの違いで差が出る場合は、

もちろん、より良い方を採用するのが当然ですし、

予算に余裕があれば、上のグレードを検討する、

すべてではないですが、これが成功のポイントになる。

 

グレードが上と下、何が違うのか?

グレードの違いって!?

細かな部分ですが、大きな違いです。

デザイン性、機能性、そして耐久性などが挙げられます。

すべてでなくても、やはりコスパの差がでるモノは、いいのを使いましょう。

 

厳しい話ですが、安かろう良かろうというのは、ありません。

安いのには、理由がある。

それだけのこと!?

私はそうは思わない。

安いモノだけ集めの家づくりに、感動は生まれない。