資料請求

スタッフブログ

2013 5月 07 の記事一覧

『憶測』。

よく憶測で物事を判断してはいけないとか、

よく憶測で話をしてはいけないとか、

でも、憶測状態って一番盛り上がるんですよね、

ええ、まわりが…。

 

このほど、イギリスのウィリアム王子夫妻の待望の第一子が、

男児である可能性が高いと報じられました。

なんと、情報源は弟のヘンリー王子とか。

 

これは憶測なのか、それとも信憑性が高いのか。

いずれにせよ、非常におめでたい話です。

 

ベイべーは、どっちでもおめでたいのですが、

おっと、どっちでもおめでたいと簡単に言えないのが、

こういう世継ぎ待望論のある方々です。

 

日本もすごいです。

まあ、今でもあちこちで続いているわけですが。

一般のご家庭でもそうですよね。

 

赤ちゃんの性別は、生まれてくるまで発表しない、

そんな人もいる現在ですが、

むしろ、早いうちにすでにわかってしまう、

そんな現在でもあります。

 

思い起こせば、我が家はそれはもう早く、

そして唐突にその瞬間が訪れました。

エコーだか超音波だかの診断で、

予期せぬ、ドクターの一言。

「あれ!?ほら、立派についてる!」

たしか3ヶ月ちょっとだった記憶が。

 

その後、妃殿下のそれはそれは意気消沈の深さ、

ええ、何せ女の子の名前を考えていましたのでね。

その前でガッツポーズなんて、そんなことできませんよ。

ええ、こっそり一人でね。

 

そんな王子は、ずいぶんと知恵をつけて大きくなっていますが、

いっつも、よく女の子に間違われます。

超美白の、甘すぎるタップンタップンというルックス、

これはいわゆる見た目の憶測で判断されているのでしょうか?

まあ、女の子で男の子に間違われるよりはいいのか!?

 

子どもは世の宝。

子どもがイキイキする家って、実は法則があります。

今までは、憶測でこうだろうって思っていたのが、

実際に我が子が家でどこに興味を持ち、

どこが好きでどこでイキイキするか、

遊びに来た従兄弟なんかも、みんな同じですね。

私は間違っていなかった、それはやはり嬉しいこと。

 

これから世代は、やはり家づくりの中心は子ども。

これまで世代は、やっと家づくりは自分たち中心。

でも、親心とでも言いましょうか、そこはやはり親。

いくら大きくなっても、独立していても、

「帰ってくる(子どもと)孫のために」、必ずそこは外さない。

つまりは、どっちでも、いつでも誰でも、

家づくりって、やはり子どもを考えること、

そこなんだと思う。

 

どんな家を建てますか!?

いろんな夢をカタチにすることが、私の仕事です。

憶測ではない、確信を持ってやってます。