資料請求

スタッフブログ

2013 5月 25 の記事一覧

『地震と向き合う』。

地震列島日本では、いかに地震と向き合うか、

絶対に大丈夫ということはないだろうけれど、

避けては通れない、避けることはできない、

明日という日を前に、改めて思うわけです。

 

日本海中部地震は、この能代にも大きな傷跡を残しました。

私は何せ幼児でしたので、さっぱり記憶にないですが、

明日がその日なんですよね。

 

「地震に強い」とか、「制震・免震」とか、

今の家づくりは、地震に強い家づくりというのが当たり前です。

過去から学び、そして未来まで安心できる住まい、

当然のことだと思います。

 

家づくりは、デザインとか金額とか間取りばかりに注目が集まりますが、

根本的な大事な部分、おろそかにしてはいけない。

今でも、過度にスパンの飛んでいる、かつ壁や柱が少ない家、

まったくないのでしょうか!?

 

断熱性や耐震性に関する判断は、それぞれの住宅会社で異なる。

基礎工事一つでも、全然違うわけですから。

ええ、これが現実です。

いいって、何を基準にいいのか!?

大丈夫って、何を基準に大丈夫なのか!?

安全って、何を基準に安全なのか!?

 

だから、サンワ興建では取り組んでいるのです。

どれだけ強いのか、数値化してます。

机上の論理ではない。

計算上の予定の強度ではない。

実際にできあがった建物の強さを、ガチンコ測定ですから。

(26日付 北羽新報さんより)

 

秋田県内で、ここまでやっている会社が他にあるのでしょうか!?

どういう間取り、どういう家が、地震で揺れた場合どこが弱いのか、

すごいですよ、きちんとわかりますので。

今の時代は、ここまでやらなければと思っているから、我々はやっています。

どこでも同じ、何でも同じではない。

 

本物の安全と安心の住まいをお届けするというのは、こういうことです。

気密測定は当たり前ですが、

耐震診断測定まで、当たり前にやるべきですよね。

やらなくても大丈夫なんて、であればむしろやってみせるべき、

私は、そう思う。

 

明日の北羽新報さんの広告、どうぞご覧くださいね。