資料請求

スタッフブログ

2014 3月 の記事一覧

『正念場』。

消費税5%生活がいよいよ終わりを告げる、新時代の突入です。

政府は、さらなる成長戦略と銘打って、

予算の早期執行やら何やら、経済再生のテコ入れ、

いろいろとあの手この手を考えているようですが、

我が秋田県の状況を見てみると、

非常に先行きが不安ですね。

 

県南経済を大きく支えてきた、これまでの流れ、

TDK関連や取引業者をめぐる早期退職者に関するニュース、

私は我が目を疑うほど、ショッキングでした。

 

これは何も、県南に限ったことではない。

むしろ、地方ではもっと厳しい生き残りをかけた存続、

正念場を迎えるのです。

 

我が能代は、火力3号建設というビックウェーブがありますが、

それでも、まだ先の話でありまして、

それまでの経済がどうなるのかは、予断を許さない。

 

本来ならば、新年度を迎えるときは、

明るく元気になんでしょうが、

期待の分、不安も大きいのが事実。

 

まあ、考えてても世の中はもう動くわけですから、

前向きに進んでいきたいものですね。

 

しかし、値上がりはあっても値下げはない。

企業にとっては、苦しいですね。

『スマートな暮らし』!?

まあすでに実証実験が行われていたり、

モノによっては、スタートしている、

「スマートな暮らし」というものです。

 

簡単に言えば、電気や水道、ガスなどの検針メーターが、

それぞれ家庭と各会社の間で通信機能を持って管理できたりする、

すべての家がスマートメーター設置という世の中の実現、

エアコンなどの家電製品が、スマホで遠隔操作できたり、

家中の電気使用をコントロールするHEMSなどが、この類です。

 

そう遠くないうちに、これが都会やモデル地域だけでなく、

いずれ身近で行われることになるのです。

 

しかし、すごい世の中ですね。

誰が一体こういうのを考えるのでしょうか!?

ハイテク過ぎて、ついていけないなんて、

もう言えない時代に突入する一歩手前なんです。

 

スマートな暮らし、覚えておいてください。

能代は、実現はもっと先でしょうか…。

『気がつけば』。

プロ野球が開幕していたこと、

本当にビックリしました。

センバツは、何となく知っていたのですが、

もはやそんな時期になったのか…。

 

今月完成引渡しを迎えられるお客様、

無事に責務を果たすことができたかどうか、

連日バタバタで、ご迷惑をおかけしたこともあったかと。

今月は、私史上一番駆け回った月であった気がしますが、

ええ、それでいいんです。

私は、満足していただける家を共に創りたい、

そのためなら、何でもやるし、どこまでも追求する。

各現場、数分の滞在でも、それを毎日続ける。

それが、最高の家づくりにつながるのだから。

 

家づくりは、一日にしてならず。

現場で、感動は生まれる。

これだけは、絶対に譲らないし、

私はいつまでも、続ける。

『根拠なし』!?

やっぱりな、という結果でしたね。

はい、今年は特に着用していた方も多かった、

ウイルス除去や消臭に効果があるという、

空間除菌グッズなる商品ですが、

ズバリ、根拠なしという結論、

景品表示法違反で再発防止を求める措置命令が出ました。

簡単に言えば、誇大広告ということです。

 

冷静に考えれば、そうですよね。

そんなことができれば、病院が必要ない。

病気だって、激減するはずです。

インフルエンザなんて、流行しないですよ。

 

まあ、宣伝文句と実際の効果について、

今回はNGが出ましたが、目のつけどころはいいと思う。

是非、マジものの商品ができればいいですね。

 

こういう類の話って、いろいろありますが、

マイナスイオンやら、イオンミストやら、プラズマなんちょらやら、

これらも、私はまったく信じていません。

根拠と真実は、実際どうなんでしょうね!?

(最近の家電は、特にいろいろ機能がついてますが)

 

そんな私が、宣伝文句で唯一信じて愛しているのが、

「しじみ70個分のちから みそ汁」です。

おっと、これも実は根拠なしなんてなったら、立ち直れません。

大手さんのメガヒット食品ですから、そんなこたないはず!!

だ、大丈夫ですよね!?

 

根拠のない話には、要注意。

まあ、それが一番難しいんですけれど。

しかし、うまいこと考える人って、すごいですね。

『ついに』。

能代火力3号の建設は、本当に悲願であり、

ついに動き出すとか。

とても喜ばしいニュースです。

久しぶりに、でかい明るい話題ですね。

『海外との違い』。

最近、個人的に思うこととして、

どうしても家づくりに関する、各設備機器、

国内メーカーさんと、海外メーカーさんとの違い、

感じずにはいられない。

 

海外メーカーさんと比べて、デザインやカラーなど、

まだまだ改良の余地があると思う。

家電製品は、だいぶ差がなくなってきているわけです。

私は、やれると思うんですがね。

 

色使いが上手ではないと言われる、日本人。

巻き返しが求められます。

心を奪われるほどの美しさ、日本だってできるはず。

『この時期特有の』。

しかしいつも思うことなんですが、

この時期特有の、各方面での異動の発表、

ご本人様は、大変ですね。

 

通勤コースが変わるだけのレベルならまだいいですが、

完全に引越しとなると、もうバタバタですよね。

ご家族も含めた大移動となると、もっと大変!!

ご栄転の方には、嬉しいイベントかもしれませんが、

残念ながら…は、悲しい虚しいイベントですね。

 

各方面で、内示のタイミングって違うみたいですが、

もうちょっと早くてもいいのにね、と思うのは私だけでしょうか!?

『増税を前に』。

能代市内のお店では、増税を前にでしょうね、

9時半ごろでしょうか、開店前の行列を見ました。

食料品やビール、お菓子、ストック品など、

今のうちに買っておこうとする動き、

お年寄りが多かったように見えました。

 

一般には、というか地方には、

景気回復の兆しを実感するだけの波が、

来ているようにはとても感じません。

「どんどん暮らしが厳しくなっていく」

先行きの不安の声が、多く聞かれます。

 

本当に、どうなってしまうのか!?

まあ、もはや変えられない。

それが現実。

4月まで、あと1週間ちょいですね。

あっという間です。

『リフォーム補助』。

秋田県の新年度リフォーム補助が、

ついにスタートしましたね。

新築の補助も、是非ともお願いしたいものですが。

もう一度、復活してほしいものだ。

『争奪戦の様相』。

土地が決まらなければ始まらないのが家づくりですが、

その大事な土地をめぐる動きが、水面下で活発化しています。

 

これまで、多くのお客様が、

「他にもっと条件の良い土地が出るはず」、

そんな思いで見送っていた、ある意味での第二候補的な土地、

その土地が、現在争奪戦の様相となってきています。

 

これまで、数年動かなかった土地でも、

この1ヶ月ちょっとで、一気に予約が入ったり、

1年足らずで、何と完売まで進んだケース、

はい、これが土地なんですよね。

 

不思議なもので、連鎖的反応を起こす時期があるんです。

一人が動けば、みんなが反応する。

「家づくり奇数年の法則」と、私は呼んでおりますが、

今年はどうも、例外パターンでしょうね。

何故か!?

はい、これが10パーセント前の最終駆け込みです。

 

今年は、土地が大きく動きます。

ええ、決断が迫られるということです。

早い人は、もう決めてます。

 

需要と供給ベースで見れば、

完全に、需要過多で供給不足です。

あるようでない、出そうで出ない、

それが、現在の土地をめぐる動きだということです。