資料請求

スタッフブログ

2014 5月 15 の記事一覧

『地の物』。

ここ数日、知り合いの皆様方から、

いろいろと山の幸他地の物をいただく機会が多いです。

非常にありがたいことですね。

 

都会暮らしでは絶対に味わえない、

地の物の、それは旨いこと。

そして、コミュニティーというつながり。

現代社会では希薄になっている、このお裾分け文化は、

何より、忘れられた日本の古き素晴らしい姿、

私は、そう思うのです。

 

昔は、そこらじゅうで見られた、

「さっとだばって、もっていげ」

「ちっちぇけーどもな」

今では、山に入る若者は皆無に近い。

残念な事に、私は山が何より苦手です…。

(山というより、野生の強靭な虫一般がダメ)

この伝統の継承は、それこそ大問題ではないか。

最高のご馳走を前に、そんな風に考えてしまいます。

 

私は、ぼんな・しどけ・あいこ、なんでもござれ。

タラの芽は、大好物です。

ぜんまい、蕨も絶対に外せない。

はい、たけのこはできれば皮むきでお願いしたい(笑)

 

地の物の素晴らしさ、

それは、風味と鮮度の違いだけでなく、

相手の心遣いと気持ちが、何より嬉しいのです。