資料請求

スタッフブログ

『現代の格差社会』!?

『現代の格差社会』!?

すっかり秋めいたこのごろ、

能代市内では、稲刈りがボチボチ始まりましたね。

黄金色に輝く、実りの稲穂が見られるのも、

あと数週間となるんですね。

 

さて、秋めいてくると動き出すのが、

本日のテーマ、「現代の格差社会」です。

一体何のことかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、

今日は子どものランドセルについて、まじめに語ります。

 

夏休みが終わると、来年小学校入学予定の、

いわゆる幼稚園年長組さん向けのランドセル商戦、

これがまた、すごいのなんの。

 

今の時代は、ランドセルは親が購入するものではなく、

孫のためなら惜しみません世代の祖父母が、

普通じゃない、びっくりする金額のランドセルを、

ポンと奮発、こういう図式があるようです。

 

業界もまた、非常にうまいこと考えている。

いや、むしろ需要と供給で考えれば当然の成り行き。

中には、5か月待ちなんてランドセルもあるようです。

 

たかがランドセルでは、簡単に片づけられない、

現代の格差社会の縮図が、そこにはある。

ファッションアイテムとしてのランドセル、

個性という名の、何でもありのランドセル、

それが良いか悪いか、非常にデリケートな問題です。

 

私なんかは、非常に古い人間ですので、

あれ、ランドセルって指定があるんじゃないの!?

黒と赤以外でも、ちょっとオッケーなんですか!?

今の我が能代市の事情はさっぱりわかりません。

どなたか、ご存知ですか!?

 

関係ないですが、我々の時代はランドセルをつぶしてペッタンコ、

なぜかこれが流行しましたね。

ああ懐かしい、ランドセル。