資料請求

スタッフブログ

『すれ違いに』。

『すれ違いに』。

我が能代市内には、すれ違うのに本当にやっとという道路、

結構ありますよね。

両方向から、進みたいという車がそれぞれ我を通すと、

道の真ん中で非常に苦労するなんてこと、

よくある光景です。

 

「急いでいるのに、なんで向こうが止まらないんだ」

「このタイミングは、あっちが止まるべきだろ」

 

すれ違いこそ、思いやり。

昔は当たり前にみんなができていたことが、

今では天然記念物レベルに皆無なんて、さみしいですね。

 

今日の朝、とっても狭い道で前方からコンバイン。

おそらく、推定速度3キロでしょうか(笑)

この時期は、農家さんは寝る時間もない激務。

タイミング的に、どうこうではない。

言葉が適切かどうかは別に、こっちが止まるのが礼儀であり、粋。

私はそういう人間でい続けたい。

たとえ、後ろからクラクションを鳴らされても。

(実際には鳴らされてないけどね)

 

すれ違いざまって、人間性が出ますね。

本当の優しさってのは、何だろうか!?

いろいろと考えた、朝でした。