資料請求

スタッフブログ

2014 9月 の記事一覧

『この時代に』。

某新型携帯端末の発売により、

世間ではにぎやかな動きを見せている、

いわゆるスマホ事情です。

 

個人的に、かなり疑問に思うのは、

今の売れ筋のその端末の大きいこと!!

 

まだ、ガラケー全盛期だった頃というのは、

携帯はいわゆる、操作性とコンパクト性が売りであったんです。

「軽い、小さい、薄い」

それが、スマホになってからはどうでしょう!?

まあ、使用目的の変化と機能性やバッテリーの問題など、

様々な要素が絡んでいるのでしょうが、

その重いこと、大きいこと!!

 

この時代に、まるで逆行しているかのように見えるのは、

私だけなのでしょうか!?

技術が追い付いていないことが、一番の要因だそうですが、

軽くて小さくて薄ければ、文句はない。

 

まさに板チョコレベルのスマホ、

どうも滑稽に見えてしまうんですよね。

このままでは、完全にメガネ型や時計型に喰われる、

私はそう思う。

『発見』。

広島を襲った大雨による土砂災害ですが、

最後の行方不明となっていた方が、

発見されたというニュースがありました。

 

もちろん見つかってほしい、

でも心のどこかでは、見つからないで帰ってきてほしい、

非常に複雑な思いが混在する。

次々と行方不明者が発見される中、

最後の一人となってからの時間は、

ご家族を思うと、言葉になりません。

 

ここで忘れてはいけないのは、

東日本大震災の行方不明者、

まだ全員発見には至っていないという現実。

 

改めて、自然災害の恐ろしさを思いますね。

ご冥福をお祈りするだけしかできないですが、

他にも何か、支援はできないだろうか、

そう考えるのは、私だけではないはず。

『地元でなければ』。

いくらGPSやらネットやらで、

位置や大きさ、まわりは見れても、

地元でなければわからないこと、

目に見えないけれど実はそれが一番大事だってこと、

家づくりでは、これが大きいんです。

 

まあ、地元でなくても建てられます。

図面的にね、機械的にね。

ただ、それでいいならね。

 

風や雨の流れ、雪の量、日の当たり方、

地盤の水はけやら他にもいろいろ。

セオリー通りにいかないのが、家づくり。

地元のことは、地元に聞け。

これが私のポリシーです。

 

地元でなければ、むしろ地元の数倍は気を使うべき。

これって当然だと、私は思う。

私は、そうしている。

 

家づくりは、奥が深いのです。

だから、真摯に向き合うのです。

 

『適性価格』。

コメの値段が、ありえない。

モノには相応の価格というものがある。

常識が常識でなくなる現実、

ちょっと気になる問題ですね。

日本の農業を根本から覆す可能性のある、

そんな風が吹くような世の中ではいけないのでは。

あきたこまちは、まさに土俵際なのであれば、

秋田に未来はない、

そう思うのは私だけでしょうか?

『耳を塞ぎたくなるような』。

本日のお昼時に、

久しぶりに耳を塞ぎたくなるような、

心臓がドキッとする、あの警告音、

フラッシュバックが襲いましたね。

 

関東地方で、震度5弱であったようです。

土砂崩れや、けが人も出ているとか。

 

備えあれば憂いなしですが、

あの警告音ほど、今の日本を震撼させられる音はない。

何回聞いても、慣れませんね。

 

『火災保険の今後』。

なかなかショッキングなニュースが入りました。

損保大手の今後の方針として、

保険期間が10年を超える火災保険の新規契約受付を、

来年秋にも停止するということです。

 

想像以上の、いや想定外の自然災害の発生件数により、

長期契約での収支予測がつかないとのこと。

予測できないから、安定的な事業運営ができない、

だからやめる、そういう理由だそうですね。

 

まあ、世の中赤字で成り立つものはありません。

しかし、公共性の高い商品やモノ、サービスについては、

最終的に国の判断が関わることって、ありますよね。

これはどうなんでしょうね。

どうもしっくりこないのは、私だけでしょうか!?

 

事実、これまでも火災保険料は右肩上がりで、

それはビックリする割合で一気にアップしてきました。

それでも、間に合わないということなんでしょうか!?

 

災保険の今後については、どうやら変わるようですが、

今のところ、本当にやるの!?

できるのかいな!?

私の見解は、そんなところです。

 

 

『再び光り輝くとき』。

古巣ドルトムントに戻った日本の悲運のエース、

香川選手のドイツ復帰戦が行われました。

 

地元サポーターの熱烈な声援、

これまでもがき苦しんでいた時代が、

まるで嘘であったかのようなプレーの連続、

再び光り輝くときが、ようやく訪れましたね。

 

誰しもが、いや本人が一番待ち望んだ待望の瞬間、

途中で退いたのは、ご愛嬌としても、

非常に良かった。

 

この結果だって、誰もができることではない。

彼だから、彼を起用した監督がいたから、

そして彼を待ち望んだサポーターがいたから、

この結果に古巣は今頃、何を思うのでしょう(笑)

 

夢物語のようなシナリオに、とっても気分が良いですね。

ますますの活躍が期待されます。

『集結』。

天候が心配されましたが、

無事におなごりが開催されましたね。

 

まじまじと見るのは、実は初めてでして、

ディズニーパレードから始まる全国の祭りのその集結ぶり、

個人的に印象に残ったのは、

盛岡さんさの美しさ、

青森ねぶたの力強さ、

秋田竿灯の妙技さ、

実に良かった。

 

一度で何度おいしいんだろうと、

改めて、おなごりの意義を感じましたね。

素晴らしい祭りです。

 

あ、それから特筆すべきは、

知事のテンションの高さと、踊りのパフォーマンス、

これもまた、心に残りました(笑)

 

『住まい何でも相談会』。

明日あさっての二日間です。

アクロス能代いとく様店内特設コーナーにて、

新築からリフォームまで、土地情報や各種補助金制度解説まで、

「サンワの住まい何でも相談会」を開催します。

小さな悩みでも何でも構いません。

皆様の住まいに関して、少しでもお力になれればと思います。

どうぞご来場くださいね。

『雨予報』。

週末が雨予報…。

できるなら、誰かどうにかしてほしい。

私の心も雨模様です…。

少々病み気味。

 

ええ、負けませんよ。

ご迷惑をおかけすることもある。

うっかりミスをすることもある。

まだまだ、小人精進あるのみです。