資料請求

スタッフブログ

2014 10月 の記事一覧

『着々と』。

能代市内で進行中の新プロジェクト、

基礎工事がほぼ完了。

さあ、いよいよ11月は建て方に入ります。

何度も言いますが、モデルハウス兼建売住宅です。

即購入可能となります。

来週には、全貌をお知らせしたいと思いますが、

どこよりも早い、速報を少々。

 

前回の建売住宅同様、

太陽光発電で得た売電収入を、住宅ローンに充当する、

今回もこのスタイルとなります。

屋根一体型の大容量太陽光発電は、やはり圧巻。

家族構成として、標準的な4人家族の暮らしをコンセプトに、

ご主人と奥様それぞれの専用スペースを設けました。

 

まだ未決定な部分もありますが、

これから、造作や雰囲気をどうしようか、

細かな部分を検討中。

では、現段階での完成イメージを。

(配色等は変わる可能性もあります)

『当確』。

秋田県第一代表、大曲工業が、

見事東北大会で準優勝、

来春のセンバツ、おそらく当確でしょう。

この快挙は、実に嬉しいニュース。

夏に続き、県南が非常に熱い。

我が能代も、負けられませんね。

『危機』。

日本のバスケ界が、マジで危機。

まあ、今に始まったことではないですが、

今さら感が、かなり漂いますが、

国際連盟から、最後通告、

さあ、国内関係者はそれでも我を通すのか。

くだらない意地の争い、慣習と歴史。

このままでは、日本のバスケ界に未来はない、

これ以上は、私が言うことではない。

『15秒』。

健康のありがたみを切実に感じます。

さて、世の中の変化なんていうのには、

時々びっくり浦島太郎状態ってこと、

まあ、いろいろと結構あるのですが、

体温計の進化にもまた、びっくりしました。

我々の小さな頃は、まだ水銀タイプが主流、

デジタルは病院のみみたいなところがありました。

今は、デジタルでもなんと検温わずか15秒、

すごいですね。

ただ、高熱の場合は、これにあらず。

測定結果も、多少異なる。

まあ、いずれにせよ進化というものは、

もはや我々の生活には必要不可欠です。

『暮らしやすさ』。

日常生活の中で、重要になるのが、

暮らしやすさではないでしょうか。

まあ、暮らしやすさと言っても、

非常に広域な話にはなりますが、

最近、特に感じることとして、

五城目が、実に暮らしやすそうだということ。

 

距離的なものもありますが、

秋田市内にも近く、

それでいて地元にも、

そして近くにも、

一定レベル以上の様々なモノが揃っている。

 

景気や経済的な部分はわかりませんが、

そして行政レベルでの話もわかりませんが、

暮らしやすそうに見えるのは、私だけでしょうか?

 

 

『その後』。

新たな試みの続報の速報です。

現在、基礎工事中盤戦突入。

鉄筋組みに入るところです。

 

来月には、建て方に入りますが、

全体的なテイストとしては、「女性目線」、

これがキーワードですね。

 

全体資金計画も、ほぼ完成。

これは、欲しい人は飛びつくというレベル以上、

マジでそうなります。

ボーナス返済もできる人にとっては、

正直、笑いが止まらないのでは!?

 

何の話かって!?

能代市内に建設中の、新建売住宅です。

購入希望のお客様がいらっしゃれば、

どうぞお早めに。

今からでも、随時受け付けます。

『センバツへの道』。

秋季東北地区高校野球大会、

熱戦が繰り広げられています。

いわゆる、センバツへの道をめぐる闘い、

我が能代松陽が、初戦突破です。

 

秋田県だけ、代表3校が県立、

あとは、ほぼ私立のオンパレード。

今はもう、こんな時代なんですが、

だからこそ、県立には頑張ってほしい。

大曲工業も、見事に勝ち残りましたしね。

 

さあ、次は青森県大会覇者の八戸学院光星。

うん、強そうだ。

しかし倒さねば、センバツはない。

 

なんだか、能代高校との差がますます開く一方…。

『運命』。

人は時に、その後の人生に大きく影響する、

いわゆる運命の瞬間という場面があります。

 

ええ、本日はドラフトの日でしたね。

プロ野球選手としての第一歩、

まずは指名されないことには始まりません。

運命が、抽選くじによって決まる。

ドラフトはこれまでも、天国と地獄、

運命を分けたなんてこと、多々ありました。

 

本日、選ばれし今後の日本球界を背負って立つ、

未来のスターが決まりました。

各球団それぞれの思惑があったでしょうが、

我が読売巨人軍の未来の4番打者の一本釣り、

これは実に見事でありました。

 

男なら、誰もが夢見るプロ野球の世界。

ドラフトが終わったということは、

はい、次は各球団の契約更改と戦力外通告という、

これまた、運命の瞬間が待っている。

 

ちなみに、私は運命を信じる派です。

信じないよりは、信じた方が、楽しいと思うから。

こう書けば、何だか軽い感じがしますが、

いやいや、運命ってあるんです。

すべては、定め。

『道徳教育』。

小中学校での道徳教育が、

教科化へ向け動いているとか。

昨今の凶悪事件の問題もあり、

時代の変化ということでしょうね。

 

これてでは、家庭や地域で、

子どもに教えてきた数々、

社会の変化により、

さらに学校に求められることが増える。

こういう世の中ではいけないのでは。

何だか悲しい現実ですね。

『アピール合戦』!?

次々と新しい手法、新しい試みが起こる、

各都道府県独自のPRですが、

今一番の注目が、徳島県と言われています。

 

「VS東京」と銘打って、

一見、合戦模様のようですが、

徳島の魅力を伝えようとする、洒落的手法、

賛否両論はあるようですが、

私は、こういう類、好きですね。

 

何もやらないでは、変わらない。

地方が抱える現実の厳しさ、

どうにか打開していくためには、

やはり観光がポイント、

多くの人に来てもらい、経済が動かなければ、

地方に活力は生まれない。

 

地方を、いかに伝えられるか、

我が秋田県も、こうした取り組みを行っていますよね。

 

この流れ、市町村レベルにまで普及するか!?

さて次に続くのは、どこでしょうか!?