資料請求

スタッフブログ

2014 11月 03 の記事一覧

『加湿の重要性』。

たびたびこのブログでもお話しておりますが、

新築住宅における、冬期間の一番の問題として、

室内空間の乾燥状態が挙げられます。

 

どうしても、室外空間の湿度が下がる冬は、

建物内部だって、何も対策を講じなければ、

湿度がおよそ30パーセントを切るケースもありうる。

 

というわけで、加湿の重要性ということです。

加湿に特化した、加湿器を用意し、運転させましょう。

空気清浄器併用タイプでは、正直弱いです。

 

それから、加湿器自体の運転にも注意したいもの。

最近は、いろんな加湿器が製品として売られておりますが、

加湿機本体の消費電力にも注意したいもの。

加湿器をバンバン運転させると、機種や機器によっては、

1か月の電気代が、1万円近くになるというデータもあります。

これは我が家も盲点でありました事実です。

省エネタイプがベストですが、省エネモードもうまく活用する。

これだけで、だいぶ変わるようです。

 

加湿と消費電力の関係性を理解し、

うまく冬を乗り切りたいものですね。