資料請求

スタッフブログ

2014 11月 11 の記事一覧

『支援の輪』。

非常に心温まるニュースがありました。

北九州市立大学で起きた、ある意味トンでも事件ですが、

大学の生協が、誤ってポッキーを大量発注、

320個の注文のはずが、誤って10個入りの320セット、

ということは、一大学の生協に3200個ものポッキーが!!

そこで、生協が取ったヘルプの行動と、それを支える学生の支援の輪、

ツイッターやLINEで仲間やまわりに呼びかけ、

学生を中心に、4営業日で1700個が売れたとか。

大学側は、こういう学生たちこそ財産ではないだろうか!?

人ごと他人ごとみたいな、そんなつれない日常の中で、

見事に助け合い、支え合うこういう学生たちこそ、

まさに、美しき支え合い。

大学側が、学生たちへのお礼として、奮発してポッキー完売記念一日休講なんてのも、

私は悪くない話だと思う。

決して、見返りを求める学生たちの動きではないでしょうが、

世の中、持ちつ持たれつ、義理と人情、ギブアンドテイク、

シャレの通じる、海外なんかはありえそうですね。

個人的に、別に責めるわけではないですが、

こういう学生たちの行動に対し、どうしても気になってしまうのが、

どうも私の悪い虫、悪い癖。

今回の生協の卸業者さんへの発注が誤発注であるかどうか、

普通で考えれば、まあ気づくでしょうがね。

いわゆる、契約約款の食料品は返品不可、

これに結果泣かされた生協であったと思いますが、

発注もらえて嬉しいが、一応確認するか的対応が、

卸業者さんにあったのかどうか。

事実真実は知りませんが、そこにも美談があれば、

まあ、こうはなっていないだろうと。

決して卸業者さんを責めるつもりはない。

契約通り、確実な仕事なわけですから。

でも、我々大人こそが、改めて見直すこと考えることって、

実に、多々あると思う、私は、そう思うのです。

何だか、いろいろと考えさせられたニュースでありまして、

人の過ちを救える人間でありたいものだ、

という観点からいえば、今回は学生たちの圧勝でしょう。