資料請求

スタッフブログ

2014 11月 20 の記事一覧

『ミライが与える未来』。

しかし、クルマがすごい世の中になってきました。

電気自動車が出たころは、これはすごいと思いましたが、

残念ながら電気自動車は、その後の未来を変えるほどの、

世の中の大きな爆発力には至っていない。

やはり、走行距離という大きな壁が、費用対効果といいましょうか、

金額と折り合いがつかずに、消費者には評価されない現実。

しかし、このたびトヨタが発売する新型燃料電池車、「MIRAI」は、

まさに名前通り、未来を変える可能性を秘めている!?

そんな感じなんでしょうか!?

電気自動車がぶち当たった、走行距離の壁を難なくクリア、

水素と酸素の化学反応から生み出される動力、

課題や壁はまだまだあれども、基本無尽蔵の資源であり、

今や当たり前のプリウスだって、当時は高くて売れないとか、

まわりはあれこれ評したが、未来は変わった。

市場原理で、価格帯が400万を切れば、あっという間に変わります。

そして、インフラが整備されればね。

この技術、クルマに限らずに我々の様々な暮らしの中心に、

どうもなるんじゃないかって、素人ながらに思うわけです。

ガソリンスタンドが、水素スタンドへ。

灯油配送車が、水素配送車へ。

熱源が電気から、水素へ。

ミライが与える未来、私は期待しています。