資料請求

スタッフブログ

2014 12月 15 の記事一覧

『笑っている場合では』。

さあ、選挙が終わりました。

予想通りだったのか、予想外だったのか、

落選でも比例で復活って、じゃあ小選挙区の争いって何なのよとか、

細かいことは、もうどうでもいいわけですが、

個人的には、各マスコミさんが取り上げていた小泉さんの、

「笑っている場合ではない」、

これに尽きるのではと、思うわけです。

天候も悪かったが、悲しいほどに低い投票率、

信任か不信任か、それこそ可ではないが他がない、

国民の多くは、別に決して認めているわけではない、

実際、そうなんでしょうね。

沖縄と共産が、いい例では!?

限られた時間の中で、経済の立て直しと、財政再建への道筋、

自民党には、それは大きな難題が待っているわけで、

今までで、本当に一番の正念場なのではと、素人ながらに、思います。

短期的な結果と、未来への長期的ビジョンがきちんと描けるか?

それも、たった1年半で。

地方の感覚でも、感じられるレベルって言ったら、

ちょっとやそっとでは、ない。

「記憶にございません」とか、

「現在、調査中で…」とか、

さあ、待ったなしのスタートですね。

しかし政治って、難しいですね。