資料請求

スタッフブログ

2015 2月 05 の記事一覧

『ネガティブからの脱却』。

どうしても、負のオーラが漂い続ける能代市です。

なかなか明るい話題が出ず、実にネガティブ思考が本当に強い(笑)

かつ、何にでも否定的立場でのみ考え、発言し、行動するケース、

悲しいくらい、いや笑っちゃうくらい多いですね。

例えば、遊具問題。

子どもがいない側にしてみれば、そんなんいりません的な立場。

子どもを育てる側にすれば、能代ほど遊ばせる場所がない!!

確かに、大きなお金が動いたプロジェクトでありますから、

切り口は、いろいろあるでしょう。

トイレとか、立地とか、必要性とか、じゃあ100点満点はどこで何!?

どなたか、誰もが納得できる答え、思い描けます!?

満場一致なんて、ありえないのです。

であれば、ないよりはあった方がいい。

黙っていて、何にもない、何にも変わらない的風潮、

街の活気がもっと廃れていく方が、最もマイナス。

一生懸命馬鹿になろうではないですが、

今までなかったことを、できなかったことを、

やろうとするそのアクションが求められている。

市庁舎問題だって、火力3号機だって、観光拠点施設だってそう。

「何をいまさら」とか、

「そんなのにお金をかける必要が…」とか、

「能代にどれだけメリットが…」とか、

どうしてこうもまあ、元気のないというか、揚げ足というか、

「こうしたらもっとよくなるぜ」、

「みんなでもっと盛り上げていこうぜ」、

なんでこういう雰囲気が出ないんでしょうか!?

誘致だって、構想だって、本当に涙ぐましい努力と労力をかけて、

理解されにくい、確かにごく一部の関係者だけかもしれませんが、

この能代のためにと、情熱をもって取り組んでいるんです。

厳しい現実の中で、できうることを模索し、アクションを起こしているのです。

この能代が少しずつ変わろうとしている気がしませんか!?

ネガティブからの脱却を、ようやく歩もうとしている、

手応えは、まだあまりないですが、国政よりは確実に動いている感がないですか!?

物事ですから、賛成派と否定派が生まれることはしょうがないにしても、

もっと連帯と表現したらいいのでしょうか。

誰もが、自分が一番だし、自分こそすべて。

でも、否定だけからは、何も生まれないし解決しない。

ネガティブこそ、一番の敵。

とある御仁と、先日盛り上がった話でした。

地方創生って、国は実に難しいパスを出してくれますが、

だからこそやらなきゃ、本当に恐ろしい結末が待っている。

私は、そう感じるのです。

頑張っている側に、エールを送ることができる人がもっといれば、

能代はもっとよくなるのにな、実にその通りだと思う。

私は、能代が大好きだ!!

柳町の夜は、実に楽しいです。