資料請求

スタッフブログ

2015 2月 07 の記事一覧

『司法のあり方』。

裁判員制度が、揺れている。

差し戻しや再審理など、やり直しが続く。

最高裁や高裁は、前例判例重視という基本ライン、

これは絶対に曲げないし、それはわかる。

しかし、悩みに悩み、大きな負担を負いながら、

断れずに裁判員として参加した案件が、

ただ、過去の判例には合わないということで、

差し戻されるのなら、裁判員制度そのものが、

いったい何の意味を持つのでしょうか?

遺族と関係者には、辛い現実。

司法のあり方が、問われている。