資料請求

スタッフブログ

2015 3月 の記事一覧

『忘れられない日』。

今から四年前のあの時間、どこで何をしていたのか、

私ははっきりと覚えています。

あれからもう、四年です。

あれからまだ、四年です。

忘れられない日です。

今日の秋田県内は、猛烈な風により、

視界不良、風による飛来物の飛散、

甚大な被害こそ、出ていないものの、

本当にヒヤッとする一日でした。

運転途中、まったく前が見えなくなったホワイトアウト、

屋根がはがれた建物、

シャッターが完全に破壊された車庫、

飛ばされた看板、

電線が切れ、無灯の信号、

少なからず、影響はありました。

春はもうそこまで来ているのでしょうが、

最後の冬の厳しさを、改めて感じましたね。

『強風による被害について』。

昨日からの猛烈な強風により、

各所で停電や建物の被害が発生しております。

現在のところ、弊社のお客様からの被害の報告はありませんが、

今一度、建物等のご確認をお願いいたします。

また、停電にあった場合は、各設備機器について、

時刻設定が正しいかどうかもご確認ください。

お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ご不明な点があれば、お問い合わせください。

『アルミの時代』!?

実は前から気になっていた、某缶コーヒーのアルミ化。

お気付きの方も、多いのではないでしょうか!?

缶コーヒーと言えば、スチール缶が当たり前。

それが、いつの間にかシフトチェンジなんですって。

まあ、理由はいろいろあるのでしょうが、

個人的には、2点が気になります。

缶が柔らかい、そして振ってから開けると吹く!!

これまでの缶コーヒーの概念が、ガラリと変えられた。

まあ、コーヒーを缶で飲むことが、日本だけ。

でも、私は缶コーヒーが好きだ。

キンキンに冷えた缶コーヒーは、実にうまい。

缶コーヒーが、アルミ缶の時代へ。

慣れるしかないのでしょうか!?

『超高級2』。

引き続き、超高級ネタを。

しかし世の中には、あるある。

お金があれば、何でもできるではないですが、

今日は、絶対に起きれる目覚ましです。

新光電業さんが発売している、定刻起床装置なる商品、

その名も、「やすらぎ」。

目覚ましなのに、音が鳴らない。

これがポイントなんでしょう。

音の代わりに、敷布団の下にセットした袋がふくらみ、

寝ている人の状態を変化させることにより、とにかく不快にするんだとか。

本人は全然やすらがない、まわりはやすらぎ。

JRの乗務員さんや消防士さんを中心に売れているのが、

最近では、一般の方も多く購入するとか。

そのお値段、10万円ほど。

高いか、安いか。

うん、それは起きれるか起きれないかでしょう。

集団生活者には、いいですよね。

起きれない人って、本当に何してもダメ。

これはですね、強力だと思います。

しかし、10万円で起きれなきゃ、もう手はない(笑)

『超高級』。

世の中には、本当にすごいモノがありますね。

超高級なモノが、インターネットにありました。

株式会社くればぁさんが販売している、

超高級マスク、「ピッタリッチ」、

そのお値段、なんと8000円とか。

ウイルスやPM2.5、これからの季節大変な花粉など、

果たして、その効果は如何に!?

花粉症の人へのプレゼントにいいかもしれません。

私のまわりには、まだこれを使用している人はいませんが、

一度、実物を見てみたい。

『汚れについて』。

白と黒、どっちが汚れるのか、

たまに聞かれます。

結論として、どっちも汚れます。

白で目立つ汚れと、黒で目立つ汚れ、

汚れにも、種類があるんですね。

ですので、個人的には、好きな色を選ぶというか、

バランスで組み合わせることをオススメします。

残念ながら、ずっと綺麗で汚れない、

それはほぼ不可能な話です。

まあ、汚れを極限まで遅らせることはできるものもありますが、

汚れもキズも、暮らしていけばどうしてもつく。

それが味であり、思い出となる。

決して子どもを怒らないこと。

大人になったら請求すればいいのです(笑)

『シングルかダブルか』!?

しかし、ウイスキー人気が止まりません。

流行りに乗って、私も頼むくらいですから。

一番おいしい飲み方は、まあ人それぞれでしょうが、

まだハイボールが一番だと思う私は、残念なんでしょうか!?

さて、今日の話題はシングルかダブルか!?

ええ、まったくウイスキーの話ではないんですが、

インターネットで、気になる記事がありました。

トイレットペーパーについて、

シングル派かダブル派かというアンケート、

ダブルが約52パーセント、シングルが約48パーセント、

なんだそうです。

少々意外だと思ったのは、私だけでしょうか!?

これはですね、大問題になりうる案件ですね。

双方に、言い分がある。

双方に、こだわりがある。

ダブルにあって、シングルにない魅力は!?

シングルにあって、ダブルにはない魅力は!?

シングルからダブルはあっても、ダブルからシングルはない。

ダブル派の私は、どうもこう考えがちです。

我が家がシングル生活は、考えられません。

まあ、日本のトイレットペーパーは世界トップ級ですから、

贅沢な悩みなんでしょうがね。

最近のトイレットペーパーは、いいにおいもする。

ところで今の子どもは、落とし紙なんて知ってるのかしら!?

資源は有効に使いましょう。

『唯一無二』。

人も家も、それぞれが唯一無二であるということ。

そりゃそうですって、言われれば話はそこで終わる(笑)

家のことを主に思い浮かべて話をしますが、

でも、唯一無二じゃない家って、ありますよね。

いわゆるプラン売り、規格住宅とも言われます。

否定はしません。

それで良しと考える人には、煩わしさや手間がかからない、

まあ、それが一番の魅力でしょうし。

オリジナルってのは、やはり時間と労力がかかります。

(自由設計のことです)

でも、だからこそ、愛着と想いがこもる。

一つずつ、本当にたくさんのモノを決めていく家づくり。

それぞれのお客様にあった、それぞれの家。

出来上がりが同じであるわけがない。

出来上がりが同じでいいわけがない。

唯一無二の家づくりが、やはり私は好きですね。

『年度末』。

しかし3月というのは、バタバタですね。

異動や転勤があったり、入試があったり、

進級入学卒業退職やらと、

人生の節目となる人も多いです。

入試なんて特に、一大事。

頑張ってほしいですね、受験生。

『見惚れる』。

美しさとは、受け取る側によって異なる。

定義があるようでない、ないようである、

それがまあ、難しいところなんですが、

家の場合は、美しさの定義があるんですね。

私が考える、家の美しさというのは、

佇まいに気品と風格があること、

配色とバランス等に優れていること、

過剰すぎてもいけない、でもシンプルすぎてもいけない、

それが、美しい家。

見惚れるほどの家、毎回チャレンジを重ねるわけですが、

これがまた、難しいのなんの。

でも、そこに挑み続ける。

本当に美しい家は、誰が見ても見惚れる家。

これだけは、間違いない。