資料請求

スタッフブログ

2015 4月 の記事一覧

『ストライダー』。

最近、妙に気になるのが、

「ストライダー」なるモノです。

簡単に言えば、ペダルとブレーキのない、

自転車のようで自転車でない二輪車です。

しかし、今の世の中はすごいですね。

2歳から、子どもに買い与える親御さんもいるんだとか。

おっと、我が家はすでに出遅れている!?

自転車もどきの二輪車、うちの王子は乗れるのか!?

乗りこなす姿が、どうやっても今のところイメージできない(笑)

ということで、買おうかどうか、迷い中。

まあ、問答無用に、公道はNGではないかと思われます。

ストライダーで、バランス感覚を養い、そして自転車にシフト、

イマドキの子どもたちは、こういう階段なのでしょうかね!?

『皮肉な結果』。

誰もが知っている、プロ野球界の超スーパースター、

皮肉な結果とでも言うべきか、

プロの世界で、現在非常に立場が危うい。

しかしプロの世界は、やはりすごいですね。

選ばれし、トップ中のトップでも、

活躍できなければ、そりゃ2軍行きです。

入れ替わりや世代交代の波は、

毎年、いや毎試合あるのが、この世界。

カムバックあるか!?

『涙なくして』。

地方に漂う閉塞感の中でも、それでも、本当にパワフルで、

何より、地域のためにとにかく一生懸命な姿、

こういう姿を見ていると、涙なくして語れない、

はい、今日はこれを語らないわけにはいかない、

株式会社プレステージ・インターナショナルさんの、

秋田BPOキャンパスが設立した、女子バスケットボールチームです。

企業スポーツはもはや、時代にそぐわないとか、

一番先に切られるのが、まず企業スポーツだなんても言われる中、

我が秋田で、しかも今というこのタイミングで、

実に素晴らしいではありませんか。

しかも、明確に、WJBL参戦を目標にするとか、

これはもう、心底応援するしかない!!

秋田で女子バスケと言えば、言わずも知れた秋田銀行さんですが、

県内バスケ女子が、将来をかけて、人生をかけて、

夢に向かう先、受け皿がまあなんと、さらに地元秋田にある、

おっと、書きながらウルッとしてしまうレベルです。

私は、こう見えて、マジで女子バスケが好きなんです。

是非とも、3月9日付のプレさんのプレスリリースをお読みください。

理念が、半端じゃない。

想いが、深い。

ここまで、秋田を愛してくれる会社、

今のところ、そうそうありません。

さあ、我が秋田県は、どんな恩返しができるでしょうか!?

久しぶりに、胸を打たれるニュースでした。

『次の一手』。

進藤冷菓さんと言えば、

秋田で知らない人はいない、

そう、ババヘラですよね。

個人的には、ジャップも同じくらい好きなんですが、

その進藤冷菓さんが、また次の一手、

ええ、仕掛けてきました。

ババヘラソフトだそうです。

両方のいいとこ取りでしょうか、

しばらくは限定販売とのこと。

この夏、流行るかどうかですね。

『謎肉復活』。

タイトルでピンとくるあなたは、かなり通の部類になります。

日清食品が、2009年から主力のカップヌードルの、

いわゆる謎肉というダイスミンチを、コロチャーに変え、

早、数年が経過しました。

それでも、一部熱狂的ファンの要望は強く、

ついにこのほど、4月下旬より順次復活という流れ。

インターネットを中心に、歓喜の声が続々上がっている!

こういうところが、やはりトップメーカーたる所以なんですね。

別に、コロチャーが悪いわけではない。

ただ、謎肉というダイスミンチは、やはり唯一無二であり、

人々のニーズが、そこには確実にあったということです。

しかも、これからは両方入りになるわけですから、

最強のタッグであることは、間違いない。

『好評御礼』!!

能代は多少ざわついていた感も終わり、平常に戻りましたね。

春サクラ満開まで、あと少し。

気温も上がり、過ごしやすい日が続いておりましたが、

例の大型遊具の賑わいが、すごいようです。

私はまだ、我が王子を連れて行ってませんが、

連日、結構な人出があるようです。

そりゃそうだ。

だって、能代にはこれまでなかった規模の、子どものパラダイス。

うちの爺様は、北欧の森の方が圧倒的だなんて、

それは保守的というか、まあ冷静な見解がありましたが、

それは、スルーしましょう。

ところで、この大型遊具は、一部で賛否両論を巻き起こし、

やれトイレがないだの、やれ交通が危険だの、

詳細は、もうてんで忘れてしまいましたが、

まったくもって不必要なんて、強烈なアンケートもあったくらい、

錚々たるメンバーによる署名運動的ムーブメントもありましたっけ。

素朴な疑問ですが、当時署名運動に参加された方々は、

そりゃもちろん、当然遊具には、ですよね!!

当然ですよね!!

行きづらい…!?

んなことないですよね。

市役所や市議会のみなさん、他関係者でも、

「あ、あの人、あの時確か、いらないとか署名してた…」

「喉元過ぎれば、よくもまあ…」

そんなことを言う人は、本当の大人は優しいので言いません。

なんちょらのいたりなんてことも、言いません。

どうぞ、署名した1140名のみなさんもレッツゴー。

何より、子どもの笑顔を考えれば、子どもの歓声を聞けば、

みんなで完成したこの遊具を享受する、

それでいいじゃないか、私はそう思う。

そして待望の、悲願のトイレの実現を(笑)

確実に、人出は見込めることが、今のところ実証されています。

今回の建設費用に対する効果なんてのは、能代の子どもの今後です。

高い安いなんてのは、ナンセンス。

甘いですかね!?

ちなみに、署名された方々一覧って、情報開示できるのでしょうか!?

あ、する気はまったくないですが。

GW、私は大型遊具に行くことになるのでしょうか!?

『63%』。

春の統一地方選、県議会銀選挙が終わりました。

我が能代山本が、県内で投票率トップだったとか。

非常に熾烈な争いであったことを裏付ける、

結果として、そんな感じでしょうか!?

しかし全国的に見れば、ほとんどで過去最低と言われる投票率、

これはやはり、問題であります。

大人がこうでは、間違いなく子どもが育ちません。

義務ではないから、行かないなんて理屈は通らない。

選挙こそ、政治であり、選挙こそ、住民参加。

私はこれからも、どんなことがあっても選挙だけは欠かさない。

『茂木さん』。

今、秋田で最も勢いのある人と言えば、

この人以外には、考えられません。

はい、茂木和哉さんですよね。

秋田が誇る、洗剤エキスパート、

爆発的にヒットしている各洗剤の生みの親、

そりゃ、レジェンド松下さんも大絶賛するわけです、

え、知らない!?

そういうご主人は、いち早く奥様へ、

そしてご実家のお母様へ、

はたまた贔屓のお店へ、

このプレゼントは、必ず喜ばれることでしょう。

地域発の、伝説的ヒット商品、

大手メーカーさんも、真っ青、

都会でなくても、できるってこと、

これが地域創生なんでしょうね。

『土地の動き』。

この春先、土地が動いております。

先日も、お客様にご提案していた、

広さも条件も、これはいいと思った旧市内の某土地、

第三者の購入により売却済みとなっていました。

春先は、一番動きが活発化するのが土地です。

弊社でも、最新情報を常にお客様にご提案するわけですが、

そうした中でも、あとはお客様の意思次第、

早く決断した順番となるのが、これまた土地です。

立地等の条件が良ければ、多少敷地の広さが大きくても、

土地については、踏み切る覚悟も必要ですね。

いいと思った土地は、必ず他の人も見ている。

検討しているのは、自分たちだけではないと思っていて、

まず、間違いはない。

『スタンプラリー』。

先々週から行っている、

弊社モデルハウスをご見学いただく、

スタンプラリーですが、

多くのお客様からご来場をいただいております。

家づくりの参考としていただきたいとの思いから、

弊社ではコンセプトモデルとして、3展示場をご用意しております。

今週末も開催しております。

どうぞご来場ください。