資料請求

スタッフブログ

2015 5月 08 の記事一覧

『風評被害』!?

箱根山の大湧谷周辺で起こっている、火山性地震活動。

いわゆる、噴火寸前という状況の中、

警戒レベルが1から2に引き上げられました。

これにより、箱根観光は大打撃を受け、

宿泊キャンセルや観光中止が相次いでいるとか。

これに対し、政府やマスコミ、地元観光業界は、

風評被害防止というスタンスであの手この手を打っていますが、

ちょっと気になるんですよね。

風評被害とは、もともと根も葉もない噂の中、

正確に事実や情報が伝わらないことにより被害を被るケース、

最近では、東日本大震災での例が挙げられます。

放射性物質が検出されないのにもかかわらず、

ひとくくりで危ないんじゃないかみたいなことでの買い控え、

これは、間違いなく風評被害です。

これとは、私は違うんじゃないかと思うわけです。

どうも、ひっかかる。

だって、噴火寸前という兆候、間違いなく危険性があるという事実があり、

それを心配して人々は危険回避しているわけです、

噴火の可能性はないとなれば、もちろん話は別ですが、

これは、風評被害でも何でもない、

そう感じるのは、私だけなのでしょうか!?

難しいことは、言うつもりはない。

言葉って、難しいですね。

捉え方一つで、こうです。