資料請求

スタッフブログ

『出尽くした感』!?

『出尽くした感』!?

家づくりで重要事なことは、いろいろありますが、

その中でも、建築地(土地)の選定というのは、

やはり重要度が高かったりするわけです。

土地の上に、家(建物)が建つわけですからね。

ここ数年、能代市内では四小学区を筆頭に、

向能代地区、最近では東能代地区が人気です。

良い条件の土地は、あっという間に決まる、

これは、土地選びの常識であり、

であるからこそ、一番の悩みどころでもあるのです。

特に人気学区では、新しい土地がなかなか出てこない、

ここ1か月ちょっとでしょうか、これまで動きのなかったところに、

ボチボチと家が建ち始めています。

誰もが情報としてわかっていたけれど、

二の足を踏むというか、なかなか決断できなかった土地、

そういう土地が、動いている。

これが何を意味するのか!?

お客様の心理として、土地はもう出尽くした感、

こういう思いがあるのではないでしょうか!?

土地決定には、いろんな要素が絡みます。

決断した土地が、自分の財産となり、

家が建ち、そこがホームになる。

後悔しない土地であれば、買い。

これだけは、間違いない。

しかし、難しい問題ですね。