資料請求

スタッフブログ

2015 7月 の記事一覧

『風を感じる家』。

家づくりでは、間取りや外観、

どうしても注目されるのはここらへんですが、

光や風をうまく取り入れる、

これが大きなポイントです。

開口部に関しては、特に重要だと、

私は思います。

自然の力とは、偉大です。

昔の家のような、心地良い風が感じられる家、

そんな家が、やはり素晴らしい。

『疑惑』。

しかし、オリンピック関連は、

話題が尽きないですね。

今度はエンブレムです。

似ているかどうか、

正直もうどうでもいいと思うのは、

私だけでしょうか。

『能代旋風』。

中学校野球の頂点を決める、全県少年野球ですが、

能代市代表、能代一中が見事決勝へ、

実に素晴らしいですね。

かなり、注目のチームとは聞いていましたが、

ここまでとは、お見事!!

先の、学童野球はこれまた能代山本同士の決勝戦、

見事向能代小が制したのは記憶に新しいですが、

今度は、中学で全県制覇のチャンスです。

相手は、強豪稲川中です。

そういえば、小中高と能代が完全制覇した数年前を思い出す。

はい、間違いなく能代は野球の街です。

最近、野球ネタしか書いていない。

いいんです。

だって、時期ですもん(笑)

問題は、こうした地力のある子どもが、

きちんと地元高校で活躍する土壌、

私は、これが望ましい姿だと思う。

だからこそ、市内高校には頑張ってほしいのです。

中央に行くなんて、思わない。

そんな風土が、理想です。

県外から引っ張られる、おっと、これはしょうがない!!

『反則レベル』!?

甲子園予選神奈川県大会決勝、

これはもはや、高校野球レベルではない。

結果を見れば、東海大相模の圧勝ですが、

相手だって横浜高校。

マジで洒落にならない、反則レベル。

プロ予備軍が、名を連ねるのです。

すごい世界ですね。

今日は、我が秋田県でも動きがあった大ニュースです。

復権を狙う明桜高校ですが、昨日から新体制とのこと。

はい、監督を含めた人事の再編です。

これは、すごいですよ。

監督も、選手もごっそり西日本から!?

おとなり青森県では、光星山田がその類ですが、

明桜も、秋田版としてここを目指すのか!?

その動き、注目を集めることは間違いない。

『ありえない事故』!?

先日の東京調布市で起きた、小型飛行機の墜落事故、

だんだんと、事実と当時の様子が報道されてきて、

その凄まじさがわかってきました。

閑静な住宅街を襲った、ありえない事故、

いや、世の中に絶対ということはない、

非常に悲しいとしか、いいようがない。

飛行機も、船も、新幹線も、車も、

通常は安全で、安全に気をつければ事故はない、

しかし、事故というのは本当に紙一重であり、

誰も、事故を起こしたくて起こすのではない。

でも、今年は特に飛行機事故多くないですか!?

そう感じるのは、私だけ!?

『導かれた勝利』。

日本で最も注目された、甲子園予選西東京大会決勝。

早実がドラマティックな大逆転劇、

見事に甲子園出場を決めました。

超スーパールーキー清宮君を擁し、

試合ごとに注目度を集めた早実。

プロ野球並みに、観客動員を記録したり、

県大会レベルでマスコミがドッと押し寄せたり、

もはや、球場中が、日本中が、早実の勝利を期待していた。

相手校は、さぞややりづらかったことでしょう。

まあ、早実もそのプレッシャーは半端じゃなかったと思います。

ほぼ、決まりかけた点数差をひっくり返したわけですから、

ますます、高校野球の奥深さとドラマさを感じます。

甲子園でも、注目される早実と清宮君。

100年の節目に、役者と話題性は揃いましたね。

『日本有数のフェス』。

今、秋田で最もうらやましいイベント、

しかも、トップ級のプロを集めるという、

男鹿ナマハゲロックフェス、

今年も、豪華メンバーの出演ではじまりました。

2007年からはじまった、このイベント、

若手経営者らによる実行委員会の努力と熱意の賜物です。

特に、音楽を愛し、音楽を志す若者にとっては、

これ以上の機会があるでしょうか!?

日本では、まだまだどうしてもロック=不良悪、

そんな風に見られがちですし、どうしてもそんな路線が多いのも、

これまた、いわゆるロックの特徴ではありますが、

今流行のアイドルおまけつきアーティストとは、

確実に一線を画す、純音楽の極み、

ロックも、いいもんだ!

ただ、明らかについていけてない(笑)

秋田でロック、私は素敵だと思う。

『甲子園で』。

甲子園予選秋田県決勝、

見事に秋田商が切符を勝ち取りました。

優勝、おめでとう。

スコア分析、秋田南は完敗でしたね。

決勝だけ見れば、まるで別チームのようだったという人も。

勝負ごとに、たらればは厳禁ですしナンセンス。

しかし、確実に学校としての経験の差が出たのでは。

秋田商は、まぎれもない県内屈指の強豪校。

能代松陽と並ぶ、夏には必ず上がってくるチーム。

勝ち方と、戦い方を知っていた。

しかし、秋田南もこれで間違いなく屈指の強豪校となる。

痛い敗戦でも、この経験は必ず学校の糧になる。

そもそも、第一シードで決勝までちゃんと進むこと、

最近ではなかったことですからね。

さあ、あとは秋田県代表が甲子園でどれだけやれるか。

今年は全国的にも、予想外の展開が起きている。

チャンスは、あると見た。

高校野球って、実にドラマですね。

『ちょっとそこまで』!?

無事にISSへ旅立った、油井さん。

ちょっとそこまで感覚のように思えますが、

宇宙ですよ、宇宙。

夢ですね、ロマンですね。

よく、離れてわかる 故郷と親の有難み 

なんてことが言われますが、

客観的に、地球を外から眺められるなんて、

ほんの一握りの人間しかできないことで、

うらやましい限り。

最近、冥王星とか宇宙ネタが続きますね。

時々、空を眺めるのも悪くない。

あ、別に病んでいない(笑)

『熱帯化』。

夏ってこんなに暑かったんだろうか、

そんな感じがする、昨日と今日です。

昔は、エアコンだってそんななかったのに、

それでも、やっていけたもんです。

今は、マジでエアコンないと無理。

確実に、田舎も熱帯化していると感じるのは、

私だけなのでしょうか!?