資料請求

スタッフブログ

2015 8月 08 の記事一覧

『理想と現実』。

インターネットでも大々的に取り上げられた、

秋田のエリアなかいちの中でも目玉店舗として売り出した、

「あきたタニタ食堂」が、大苦戦を強いられているとか。

誰もが健康には気を遣い、そして誰もが健康でありたいと思う。

これは人間として、当然の願望であり、理想です。

しかし、現実はそうは甘くないし、うまくいかないもの。

健康は食べ物からと、かっこよく言ったって、

世の中のうまいもののほとんどは、カロリーだったり、オイリーだったり、

そして塩分だったり糖分だったり、

不健康寄りであることがほとんど、これが現実です。

ガッコでわかる、秋田の味覚にタニタ系が合うわけない。

健康ではいたい、でも、それを毎日は無理。

興味本位で一回は食べても、普通はもう行きません。

よっぽどの根性と意識が強くなければね。

都会と田舎の一番の違いは、味覚であり、

特に味の濃さに関しては、意識の差がはっきりしていること。

田舎では、うまくなくてもトレンドとか、ありえないのです。

かっこつけても、最後はうまいものが勝つ。

まあ、しょっぱいほうが勝つと言った方がいいのか。

万人にウケる味というのは、正直ない。

健康ではいたいが、薄味は嫌だと考える秋田県民が、

多いという事実だけが露呈した格好ですね。