資料請求

スタッフブログ

2015 10月 の記事一覧

『温湿管理』。

朝晩がめっきり寒くなりました。

雪国には長い長い、冬のはじまりです。

さて、この時期からの快適な暮らしを支えるポイント、

それは、家の中の温度と湿度のバランスです。

室温に関しては、個人差がありますので、

一概には言えないところもありますが、

家の中での各温度差は、マックス5度以下に抑えること、

全館暖房を基本にしながらも、大きな温度差を作らない、

これが重要ポイントとなります。

冷気の流れを感じないだけでも、違います。

特にお客様は、今の時期は2Fを無暖房とするケースが多く、

どうしても階段まわりからの冷気が下りてくる、

これを根本的に解消することが、必須です。

そして、湿度を保ちましょう。

30パーセント台は、まったくもって論外。

できれば40パーセント後半以上、

理想は50パーセントから60パーセント手前。

この湿度管理が大きなポイントです。

これはあくまでも基本的な考え方ですので、

参考になる方もいれば、オリジナルの方もいらっしゃるでしょう。

はい、快適指数は人によって違いますので、

それぞれの、快適を見つけましょう。

しかし、一番の問題は家族内での快適温度の差です。

私と王子は、室温22度以上になると、発汗症状。

しかし、室温は問答無用に24度設定なのです。

はい、リモコンの奪い合いは何もテレビだけではなく、

暖房エアコンでも発生するのです。

女性はどうしてあんなにも冷え性寒がりなんでしょうか!?

それから、私は冷えた部屋でなければ寝られない。

だから私の理想は、冬の寝室はシャットアウトで無暖房。

温度差を作らないことと言っておきながら、

ええ、我が家は真逆です。

快適ライフは、一にも二にも、温度と湿度。

うまく調節しましょう。

『勢い』。

世の中、ハロウィン関連がすごいです。

どこもかしこも、街中がテレビがハロウィンです。

仮装行列パレードや、商品も便乗モノ、

いつから日本はハロウィン正式国となったのでしょうか!?

ビックリしますね。

いずれにせよ、ビックイベントであることは間違いなく、

経済効果も相当な額になるんだとか。

考え方なのか、時代の流れなのか…。

『騒然』。

ここまで世の中が騒然としているのは、

何だか不安定さが顕著なのは、

ここ数年で、一番ではないでしょうか!?

安保法案採決時の国会前、

沖縄基地をめぐる辺野古での動きも、

横浜の傾斜マンションをめぐる動きも、

20年前の裁判判決のやり直しも、

よく考えれば、それぞれがとんでもない大事件であり、

まあ、騒然とならないわけがない。

世の中、悪いことは続くんですよね。

これ以上、負の連鎖が起こらなければいいのですが。

『築1年目は』。

今年家を建てたお客様、そろそろ!?

はい、住宅ローン控除と年末調整についてですが、

年末調整ではなく、年明けの確定申告で、

初年度の住宅ローン控除は、こうなります。

まだ先の話ですが、お問い合わせをいただいたので。

弊社で建築されたお客様には、

あとで担当が訪問することとなっております。

どうぞご心配なく。

『まったく知らなかった』。

能代市で火事があったこと、まったく知りませんでした。

これからの季節、どこのご家庭でもストーブは必須、

必然的に危険性は上がります。

今回の火事も、ストーブが原因だとか。

誰もが思う、「我が家は大丈夫・安心」、

その過信こそが、一番の火事の元。

そして、高齢化世帯ほど、灯油やガスのケース。

これは本当に、考えものとなりつつあります。

だから電化に切り替える、これは賢明な選択肢です。

悲しい火事だけは、起きてほしくない。

『住宅政策の目玉』!?

住宅政策に関する新しい試みが検討されているという、

今日のニュースについて、解説します。

子育て支援に向けた住宅政策の一環として、

簡単に言えば、親世代との同居を目的とした改修工事をしたら、

所得税や相続税を軽減する方向で検討に入ったとのこと。

世代間の助け合いで子育ての不安と負担を緩和、

出生率の低下に歯止めをかけるという大義名分で、

これをしようというものです。

さらに内容を見てみると、中途半端感がものすごくありありで、

住宅ローン控除との併用はできないとか、

所有する子または孫が中学生以下であるとか、

正直、効果が期待できるかと言えば…。

そもそも、核家族化社会主流の今の世の中で、

今から親と同居なんて言われても、田舎ですらほぼない、

だって主流は、最低でも近居ですから。

「できるなら 親と別居 親が金」

子育て負担の軽減のために、親と同居するなんて、

そんなにうまくいくものか、考えればわかりません!?

それができれば、世の中こうなってはいない。

「面倒は見てもらいたいが、同居となれば考える」

これが圧倒的多数ではないでしょうか!?

出生率の低下を真剣に考えていることはわかりますが、

大家族の暮らしは確かに憧れるし、メリットもありますが、

多世帯同居型は、なかなか賛同を得られない現在、

それでも同居にこだわるのならば、完全に失敗します。

近居も認めるのならば、意味あるけれど。

今では懐かしい、自治体の住まいづくり応援事業、

これの国版みたいなものの方が、圧倒的に恩恵があると思ってしまうのは、

私だけなんでしょうか!?

やらないよりは、やった方がいいことは多々ありますが、

皆さんは、どう思います!?

『有名人の間取り』。

月刊ハウジングの12月号に、面白いページが。

はい、有名人ならぬ、マンガの世界の間取りが、

ドラえもんとか、クレヨンしんちゃんとか、

結構面白かったですね。

昔は、テレビは必ずコーナーだったわけで、

これは今では、ほとんど見られません。

また、中廊下を中心に、各部屋が分かれる構成、

これもまた、今ではなくなりつつあります。

間取りは、時代背景や時代の特性が表れますね。

時代や家族構成の変化、生活スタイルで変遷する、

ある種のブームみたいなものでもあります。

興味のある方は、一度見てみるのも面白いかと。

『台風並み』。

今日はすごい雨と風でした。

特に一日中風が強く、台風並みの風。

一雨ごとに、冬が近づいてくる季節。

今年の冬は、寒いのでしょうか!?

雪も、少なければいいのですがね。

『完成内覧会』。

明日あさっての二日間、お施主様のご厚意により、

能代市落合にて、ヒートポンプ電化住宅完成内覧会です。

弊社落合モデルハウスとなりです。

どうぞご来場ください。

『プロの目』。

ついに運命の日となりました。

日本プロ野球ドラフト会議が行われ、

プロの目にかなった選手たちが、次々と指名されました。

秋田商の成田投手は、千葉ロッテへ。

これは予想されていた通りの指名ですね。

個人的には、ロッテの選手指名が一番好きでした。

さすがロッテ、これはファンも納得の指名では。

我がジャイアンツは!?

自粛ドラフト!?

王者ソフトバンクは、未来のスターを一挙に青田買い。

さすがに超戦力軍団は、余裕のドラフトか。

しかし、指名されるだろうと思っていた選手が指名されなかったり、

正直、初めて聞いた名前の選手が指名されたりと、

改めて、プロのスカウトって、すごいですね。

実力性、将来性、即戦力性、話題性、

プロの目に選ばれし、未来のスター、

成田投手には、頑張ってほしいですね。