資料請求

スタッフブログ

2015 10月 26 の記事一覧

『住宅政策の目玉』!?

住宅政策に関する新しい試みが検討されているという、

今日のニュースについて、解説します。

子育て支援に向けた住宅政策の一環として、

簡単に言えば、親世代との同居を目的とした改修工事をしたら、

所得税や相続税を軽減する方向で検討に入ったとのこと。

世代間の助け合いで子育ての不安と負担を緩和、

出生率の低下に歯止めをかけるという大義名分で、

これをしようというものです。

さらに内容を見てみると、中途半端感がものすごくありありで、

住宅ローン控除との併用はできないとか、

所有する子または孫が中学生以下であるとか、

正直、効果が期待できるかと言えば…。

そもそも、核家族化社会主流の今の世の中で、

今から親と同居なんて言われても、田舎ですらほぼない、

だって主流は、最低でも近居ですから。

「できるなら 親と別居 親が金」

子育て負担の軽減のために、親と同居するなんて、

そんなにうまくいくものか、考えればわかりません!?

それができれば、世の中こうなってはいない。

「面倒は見てもらいたいが、同居となれば考える」

これが圧倒的多数ではないでしょうか!?

出生率の低下を真剣に考えていることはわかりますが、

大家族の暮らしは確かに憧れるし、メリットもありますが、

多世帯同居型は、なかなか賛同を得られない現在、

それでも同居にこだわるのならば、完全に失敗します。

近居も認めるのならば、意味あるけれど。

今では懐かしい、自治体の住まいづくり応援事業、

これの国版みたいなものの方が、圧倒的に恩恵があると思ってしまうのは、

私だけなんでしょうか!?

やらないよりは、やった方がいいことは多々ありますが、

皆さんは、どう思います!?