資料請求

スタッフブログ

2015 11月 13 の記事一覧

『ソファー論』。

念願のマイホーム、憧れの暮らしが実現する、

ほとんどの方が、さあインテリアをどうしようか、

あれこれ考え、迷うわけです。

今日は、そんな中で、まじめにソファーの話をします。

リビングに置きたい家具ダントツナンバー1、

いろんな選択肢があり、悩むのもナンバー1、

それがソファーです。

「リビングスペースの広さと空間をしっかりと把握すること」

これがソファー選びの重要なポイントです。

お店で見るソファーは、実に良く見える。

そして、かっこいいソファーほど、お値段もサイズもビッグなのです。

そのまま気持ちも大きく、ソファーも大きくは、危険です。

せっかくのリビングが、狭くなっちゃったでは、意味なし。

それから、DKとの配置もきちんと考えましょう。

キッチンからリビングまでが一直線の場合、

背の高いソファーでは、キッチンやダイニングからソファーの背高さで、

残念テレビが見えない現象も生まれます。

これでは、効果半減です。

ソファー1つで、リビングでの暮らしが大きく変わります。

超個人的な意見ですので、参考程度に考えてほしいですが、

「私の考える、ソファー選びの鉄則」、

・ソファーの両サイドは、スペースが最低3尺以上は空いていること

・テレビが見えるまわりの空間にも配慮し、背高さを決めること

・サイズと背高さであれば、背高さをあきらめること

・座り心地は、長期的に見ればやや固い方が失敗なし

・テレビ好きは、必ずリクライニングできるタイプを検討する

・メンテナンス容易なソファー生地が非常に衛生的

 (子どもがいる場合は、布地で取り外し洗濯できるタイプが最高)

基本ラインは、こんなとこです。

色やデザインは、あとはセンスと予算です。

それから、こればっかりは絶対に永遠にわかりあえない、

番外編、男と女のソファー論も少々。

男にとって、ソファーで寝てしまうのが何よりの幸せであり、

最高の贅沢であり、そのためのソファーなのです。

電気消されておいてきぼりだろうが、構わないのです。

それで風邪ひいたって、問題ないのです。

しかしこの行為は、女にとって何よりの不快光景であり、

最悪の習慣であり、絶対に理解できないことなのです。

世の旦那さん、そういうことらしいです。

ソファーで喧嘩、できれば避けたいものですね。

今日は、ソファー論をお届けしました。