資料請求

スタッフブログ

2015 11月 27 の記事一覧

『雪国の限界』!?

秋田県の建築界にとっても、非常に嬉しいニュースがありました。

断熱性能と優れたデザインを両立した住宅づくりを競う、

「日本エコハウス大賞2015」の大賞に、

秋田県大仙市の、「もるくす建築社」さんが輝きました。

すごいの、一言です。

雪国というのは、どうしても冬のハンデがあり、

家づくりのベースは、冬メインとなる。

(もちろん夏をまったく考えないというわけではないです)

断熱性能を考慮した場合、地域的差と言えばいいのか、

南の地域よりも、断然コストも手間もかかります。

(たまに、南がうらやましく思えることもあります)

その上に、さらにデザイン性などのファサードにもこだわると、

もはや建物予算は、どんどん上がってしまう。

建物性能と意匠性の、コスト分配のバランスがどうしても難しい、

そういう認識が少なからずあったのです。

性能と美しさの両立は、大きな課題でもありました。

しかし、設備や建築資材、工法等の技術の進歩はすさまじく、

また社会的ニーズからも、超高性能住宅の普及促進であったり、

そういう住宅へも、少しずつお客様の関心が増えてきました。

(かなり勉強されているお客様であれば、ご存知かと思います)

今回見事大賞を受賞した、もるくすさんの大曲の家、

惚れ惚れする美しさですね。

ここまで大胆に開口部を取るのは、一般住宅ではなかなかできるもんじゃないですが、

それがこの家を、さらに際立たせ、上質な雰囲気と空間を生んでいる。

雪国の設計は、当然雪の問題も考えなければならない上に、

立地条件により、できることも限られることだってある。

設計時に、いろんな課題や問題もあったと思いますが、

この立地には、この建物がベストであったことは、現地を見に行くまでもない。

(私なんかが言うのもおこがましいですが)

建物性能も、秋田の地域レベルをはるかにしのぐ、ハイスペック仕様。

数値だって、地域トップレベルものですもん。

レベル高いです、マジで。

大変大きな刺激を受けました。

そしてまた、このエコハウス大賞の審査員には、

我が能代市が誇る、日本のトップ建築家の一人、

西方先生も当然ながら名を連ねている!!

これまた同郷としても、実に誇らしいですし、

先生のすごさを、改めて感じます。

(街中ですれ違う先生も、もちろん好きです)

もちろん我々も、黙って傍観しているわけではないです。

これから求められてくる、超ハイスペック性能の家、

我々なりの解釈で、現在進行形で挑戦をしております。

雪国の限界!?

そこで止まっていては、進歩はないのだから。