資料請求

スタッフブログ

『昔あった良いモノ』。

『昔あった良いモノ』。

今の家と昔の家を比較するのは、正直難しいところが多い。

よく新築に住んでいると、言われることとして、

「どこでも暖かいんでしょ、うらやましい」

そりゃそうです、造りが違うんですから。

一番大きな違いは、断熱性能の差と、家の大きさ、家族形態。

家に求められるものも、家の使い方も昔と今では違うのです、

ですので、ひとくくりにはできませんが、

じゃあ、すべて昔より今が良いのか!?

ええ、私はそうは思わない。

特に今の時期に、昔の家が良いなと思うのは、

「ストーブ」なんです。

「え!?」

と、思う人もいるかもしれませんが、

薪でも、石油でもどっちでもいいです。

はい、暖房というジャンルでのストーブじゃない。

「ストーブ上での、コトコト鍋調理的な暮らし」、

私はですね、これだけは今の家が勝てないマイナス要素、

いつもそう思っています。

どんなにIHと圧力鍋で調理しても、ストーブでコトコト調理には、

味という観点からも、絶対に勝てない。

ゆっくりと時間をかけて煮込まれたものほど、その差は歴然。

今の家での暮らしで、これができるか!?

専用の薪ストーブでも入れない限り、できないんですよね。

そしてまた、仕事世代共働きには、まずもって不可能です。

時短では、今の暮らしIHの勝利。

じっくりでは、昔の暮らしストーブの勝利。

ストーブの上でほっとかれている鍋のある暮らし、

ストーブの上に陣取るやかんと熱燗のある暮らし、

私は、今の日本が失った悲しい歴史だと思っている。

(注)個人差がありますので、すべて正しいとは限りません。