資料請求

スタッフブログ

2015 12月 18 の記事一覧

『夢のある話』!?

しかし宇宙というのは、なぜも人をこうも惹きつけるのか?

地球からわずか14光年に、地球型惑星が発見されたというニュース、

これまでで最も近い距離、それが14光年。

まあ、それでも14光年です。

知っている人ならわかりますが、この距離っていうのは、

それでも果てしない距離でありましてですね、

インターネットでは、1光年=9.46兆キロメートル、

つまり、14光年=14×9.46兆キロメートル、

もはや、単位がどうなのかすらわかりません的数字です。

「ちょっと行ってくるわ」レベルではないことはわかります。

まあ、それが宇宙の神秘であり、謎なんですよね。

何気なく、毎日眺めている夜空の星だって、

実際にリアルタイムで、今輝いているわけでなく、

むしろはるかずっと昔の光を我々は見ているわけで。

まあ、夢のある話であることには違いない。