資料請求

スタッフブログ

2015 12月 19 の記事一覧

『時価とはいえ』。

県民魚とも言われるハタハタですが、

今年はその値段が異常に高く、例年より千円ほどアップ、

もはやこうなれば、高級魚の部類です。

漁獲量が激減すれば、こうなるわけです。

需要と供給、完全に供給サイド強気の価格設定です。

時価とはいえ、食卓には大きく響くわけですが、

高いからと、自分で海へは禁止です。

今年はあと何回、ハタハタと出逢う機会があるのだろうか?

まぁたぶん、例年並みだとは思いますが。

だって、そばのない大晦日はありえないのと同じですもんね。