資料請求

スタッフブログ

2016 1月 の記事一覧

『高い人気』。

新大河ドラマがスタート、真田丸です。

真田と言えば、日本でトップ級の人気を誇る武将、

ここ数年では、歴史女子通称歴女も続出する中、

今回の視聴率もまた、注目を集めています。

出演者も、豪華布陣だそうです。

しかし、今や歴史はゲームから学ぶ、そういう時代なんですね。

『激動の年』!?

住宅業界にとっては、この一年が激動の年と言われております。

なぜか!?

はい、それは大きな二大転換点が予想されているからですね。

まずは、4月からの電力自由化です。

各新規電気小売業者と地元電力との間で、顧客獲得競争が起こると予想されています。

特に各新規電気小売業者は、既存サービスとのセット割、

こういう仕組みで攻めることが続々と発表されています。

携帯端末と電気をセットで売るとか、ガスとか石油灯油とかとセットとか。

これまでの常識が、常識でなくなる日もあるのかもしれませんが、

個人的には、およそ1割程度の値下げかと思っています。

そして、今後は電化離れと思っているお客様もいらっしゃいますが、

これは冷静に考えれば、単純にそうではないことはわかりますよね。

そして、消費税増税の発表が本当にあるかどうか。

いわゆる増税の半年前という、9月がターニングポイントです。

上がると決まってから動いたのでは、遅いのです。

今から動くこと、それで上がらなければ時間かけてもいいわけです。

もっと詳しく聞きたいと思ったら、どうぞお問い合わせください。

『完成内覧会』。

明日からの三日間、能代市にて、

完成内覧会のお知らせです。

能代市落合にての開催となります。

サンワ興建がご提案する、超高性能住宅、

どうぞご来場ください。


(9日付 北羽新報さんより)

『寒いが勝ち』!?

「秋田の高校生は、冬なのにコートを着ない」

こんな記事が新聞に載り、インターネットで話題となっています。

お年頃の若者は、寒さより見栄えと周りを重視する、

「ひ弱に見えるから…」

「周りも着ていないから…」

学生服にマフラーのみ、これが通学スタイルの定番とか。

何も秋田県に限ったことではなく、実は東北では珍しくないそうです。

学校の先生方も、指導するも効果はなしで、

もはや冬の定番となっている、この光景。

決してコートを買うお金がないわけではない。

「寒いが我慢、寒いが勝ち」

何に価値を求めるかは、個人の自由です。

しかし我々の時代は、逆にものすごく高いコートを着る、

これがステータスだったのですがね。

時が変われば、そういうもんですか。

でも、コートを着ないからといって、

女子ウケするかと言えば、決してそうではないはず。

男子の、切なくも不明な事情がそこにはあるようです。

まあ、いいじゃないですか。

こうして大人になっていく、不思議な田舎の風習。

都会には理解できないそうです。

『物騒な話』。

お隣の国で行われたという実験が、

実に不気味であり、物騒な話です。

まあ、今に始まったことではないですが、

できれば平和を乱すようなことは、やめてもらいたい。

事実関係は、まだ明らかにはなっていないですが、

いずれにせよ、動いていることは事実。

しかし、原爆と水爆の違いなんて、これまでわかりませんでした。

水爆って、マジで洒落になりませんからね。

『能代で再び』。

囲碁の七大タイトルである、本因坊戦、

再び能代で行われることが発表されました。

前回の開催が高い評価を受け、再開催となった、

これがまた、嬉しいことではないですか。

囲碁の世界はさっぱりわかりませんし、

ルールも、私はわからない人間です。

でも、プロの世界を能代で直接見られる、

どの競技でも、やはりプロは違う。

関係者の努力と結果に、敬意を。

『冬でない冬』。

今年も今のところではありますが、

正月で雪なし、地面の土が見える冬、

冬でない冬となっています。

雪が降って喜ぶ人、降らなくて喜ぶ人、

雪やスキー目当ての帰省組にはかわいそうですが、

本当に、暮らしやすい年末年始です。

去年もスロースタートでしたけどね。

その影響か、屋内施設はパンク寸前とか。

行くところがなければ、そうなります。

これは、異常気象なのか、もはやこうなるのか。

何だか考えさせられますね。

『多機能』か?

世の中便利になったとは言いますが、

そこまで必要あるのか的時代とも言われます。

スマホなんてのはまさにその代名詞、

今ではスマホでなければ、天然記念物レベル、

もはやおじいちゃんおばあちゃんのごく一部、

その多機能ぶりに、ここまで広がったと考えられていますが、

実際、どれだけの機能やコンテンツ、アプリを使っているのか、

マジで国民の統計を取ってみればわかります。

必要と思わない モノばかり。

それで価格が無駄に高い。

分割という、見えない裏にみんな従うしかない。

お店で聞いたって、さっぱりわかりません。

なんじゃそりゃの連続に、どうも納得できない。

こういうシステムだから、政府のメスが入るのね、

これはむしろ納得しました。

携帯はもはや、ジャケ買いインスピ買いはできない、

改めて感じた正月です。

『役者の違い』。

しかし、今回ほど真面目に紅白を見た大晦日もない。

ここ数年の紅白は、まあ賛否両論あるわけですが、

その中でも、やはり本物のオーラは別格であり、

数多くのサプライズに、なかなか楽しませてもらいました。

しかし、音楽ほど時代を象徴するものはないですね。

歌とエンターテイメントが融合してしまった今、

純粋な歌オンリーは、逆に新鮮であり、迫力がある。

ヨイトマケなんて、ビビりましたもん。

うちのパパさんが、島津さん好きなのにもビックリ。

歌番組は、今では視聴率が取れないと言われますが、

純粋な口パクなしの歌手の超本気モードでの歌番組、

マジでどっかのテレビ局、真剣に考えてほしいと思ったのは、

私だけではないはずです。

80年代から90年代はじめまでに限定、

絶対にいけると思うんですけどね。

「国民投票で選ぶ、国民が聞きたい歌」

ダメでしょうか!?

『謹賀新年』。

あけましておめでとうございます。

本年も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

本年は、さらなる進化と挑戦を続けます。

どうぞご期待ください。

株式会社 サンワ興建 社員一同