資料請求

スタッフブログ

2016 2月 04 の記事一覧

『ヒートショック』。

北羽新報さんに載っていた記事、

能代山本で入浴前後に体調を崩し救急搬送となり、

いわゆるヒートショックによる事故が増えているという、

非常に考えさせられる内容でした。

残念ながら雪国では、新築全館暖房でない限り、

このような事故は起こりうるわけです。

ほとんどが昔ながらの住宅であり、大多数の家庭は局所暖房、

リビングのみホカホカ、一歩部屋を出るとブルブルする、

これに高齢がプラスされれば、その危険性は増大する。

温度差による急激な血圧の変化は、危険です。

また飲酒後の入浴も、結構な割合で実はやっている人も多い。

交通事故による死亡者よりも多いと言われるヒートショック、

どうにかならないものかと、いつも思います。

家の中の温度差は、プラマイ5度以内が快適な住環境の目安とされています。

既存住宅では厳しい数字です。