資料請求

スタッフブログ

2016 2月 07 の記事一覧

『ピンキリ』!?

世の中は本当に多種多様です。

上を見ればキリがないなんて言われますが、

やはり良いものは、その風貌から存在感が違います。

先日、ちょっと能代を離れていた時ですが、

能代なんかでは、なかなかお見かけすることがほとんどない、

いや、東京でもそんなに見る機会は多くない、

はい、マセラティにポルシェ、軽く1000万円をゆうに超える、

そんなモンスターマシンと遭遇。

私は地球上で最も美しい車は、マセラティだと思っている。

その美しさとフォルムの完成度ったら、惚れ惚れする。

そして、超高級ブランドのショップ。

さすが高いだけはある、ショップ内の空間は実に計算された美しさ。

ジャンルは違えど、この感覚は建築に通じるものがある。

少なくとも私は、そう思っている。

別に軽自動車が悪いというわけではない。

軽自動車というのは日本独自で日本唯一の存在であり、

海外で、軽自動車なんてのは存在すらしません。

昔なんかは、軽自動車で迎えに来られると女性は怒り、

男で軽自動車に乗っていることは、ステータス的にもマイナス、

「軽しか乗れない男」と、マジで言われた時代、

そういう不文律であった時代が、日本にもあったのです。

今では、どうか。

別に軽自動車で何が悪い的風潮、むしろ軽全盛期で、

車にお金をかけるのなんてのは、ナンセンスと思われてしまう。

しかも、地方ほどその数は増大し、女性もあれこれ言わなくなった。

衣服や装飾品、靴やバックなどはどうか。

高級ブランドは確かにいいけれど、それ以上に大衆的安価品が街中にあふれている。

昔は着ているのが安売り品なんてばれたら、格好のいじられネタであったのに、

今ではユニ〇ロやらし〇むらやら、フォー〇バーやら、

安いことが恥ずかしいことではない時代なんです。

世の中、ピンからキリまでありますが、

日本は、確実にキリ寄りとなってしまっている。

もちろんすべてとは言いませんが。

感覚や考え方は人それぞれですが、では家はどうでしょう!?

昔は家こそすべて、財を投じて建てたのが家。

今はどうでしょうか。

右ならえでもないですが、まわりや相場に合わせるケースが多いですね。

そもそも、相場ってなんだろうかとも思いますが。

凄い家、普通の家、それでいいの!?の家。

少なくとも、私の中では家はキリ寄りではいけない、

安く上げようなんてのは、どうなんでしょう。

例えお客様のニーズが仮にそちら寄りだとしても、

確実に、何が良くて何がベストかを伝えるべき、

それが我々の使命であり、存在意義である。

モノには、相応の対価が必ずついてまわる。

安いから良い家!?

絶対に、違う。

高いから良い家!?

安いよりは、間違いなく良い家。

昔より、安かろう悪かろうは減ってはいる。

それでも、ピンキリはピンキリ。

最後は、己の選択次第と言うけれど、

よく考えれば、恐ろしくないですか!?

大切な家族と過ごす、大切な毎日です。

であればこその家なのです。

かけるモノ、かけるところにはきちんとお金はかける、

家づくりの成功は、絶対にそこにある。

理由もなく安く建てられるということは、ない。