資料請求

スタッフブログ

2016 3月 19 の記事一覧

『数値化の時代』。

意外と知られていないことですが、

日本国内における、我が能代山本地域での家づくり、

できあがる建物性能については、実はかなりレベルが高いんです。

その昔、北海道へ出向き、超北国でも対応する家へ、

諸先輩方がその理論と技術を地元能代へと持ち帰り、

みんなで切磋琢磨しながら、レベルアップを図ったのです。

お互いに刺激を受け合いながら、意識しながらの家づくり。

いろんなプロ向けの講習や研修会で、よく語られることです。

日本を代表する建築家にも選ばれた、トップオブ能代の西方先生を筆頭に、

とにかく能代はよく話題に出る、これってすごいことですよね。

車は今、完全に燃費という性能が数値で語られる時代になりました。

残念ながら、家はまだ完全にそこまではいっていないのが実情ですが、

それでも、最近の紙面等を見ると、建物の性能値が数値で掲載されること、

多くなってきましたね。

家も性能値を数値化する時代になりつつあります。

一般のお客様には、まだ専門的すぎてわからないことも多いでしょうが。

超わかりやすく解説するとすれば、

どれだけ建物としての性能が優れているのかを数値化、

どれだけ建物が、実際に隙間がないのかを数値化、

どれだけ一次エネルギー消費が削減できるのかを数値化、

そして光熱費ベースであれこれ試算することが可能になるということです。

ゼロとかプラスとか、これはそう家での光熱費の話。

「お宅の性能数値、いくつ!?」

こういう会話は、なかなかの通レベルということです。

プロでなく、お客様間でも語られる時代へ。

これに対する我々の取り組みの一つの結果が、明日出ます。

どうぞ、明日付の北羽新報さんをご覧あれ。