資料請求

スタッフブログ

『6年ぶり』。

『6年ぶり』。

週末のニュースに、ちょっと気になるものがありました。

はい、我が秋田県の話ですけれど、

日本で唯一、新築分譲マンションが着工されない県だったとか。

およそ6年ぶりに、このたび着工となるものだからニュースに。

う~ん、さみしい以外の何物でもない。

全国最速で進む人口減と高齢化により、

不動産業者さんも、躊躇すること数年。

秋田市内の中心部に一戸建てでなく、集合系を求めるニーズ、

これを見越して、これに応えるとのことです。

秋田の地方は、地方の中のさらに地方、

若者の流出、雇用の減少、そして限界集落へ。

地方を捨て、まだインフラが整備されている都市部へ、

この流れは、当然ながら起きているのです。

冬の雪が、さらにその動きを加速させる。

マンション建築を、すべて喜ばしいとは言えない、

厳しいかな、それが秋田の置かれた状況。

一戸建てを持て余すなんて、東京では考えられないでしょうが。