資料請求

スタッフブログ

2016 4月 の記事一覧

『連休だから』!?

秋田市内、まあこのGW期間中は、

住宅会社さんのイベントが本当に多いそうです。

連休だから、やる!?

連休だから、やらない!?

でも、秋田市内はやらない会社も増えているとか。

この感覚は、それぞれの会社の判断なのでしょうが、

やる会社は、たとえお客様が少なくても、お客様のお休みに合わせる、

やらない会社は、きっとお客様が少ないから、自分たちも休みということ、

「一人でも、家づくりをお考えのお客様がいるなら…」

「連休中は、レジャーや行楽にでかけるから…」

そうです、別にやるのも勝手、やらぬも勝手。

そこに正解はない。

弊社の場合はと言いますと、毎年やるほうです。

ええ、やらないという選択肢はない。

なぜか、それは決して数ではない。

一組でも、この時期に家づくりをお考えのお客様が見たいのであれば、

今のところ、そう思っています。

まあ、実際いらっしゃいますけれど(笑)

事実、県外のお客様もいらっしゃいます。

実際に家を建てるのは、別。

建てる会社も、別。

いいじゃないですか。

少しでも、家を建てたいお客様のご参考になるのなら。

むしろ、ありがとうございますです。

見たいと思っていただける会社だということ。

今の世の中は、本当に休みが不定期で、

まとまった休みは盆正月とGW、

そんなお客様が多くなりました。

週末に連休なんて、勝ち組と言われる時代です。

そんなお客様の力になれれば。

明日より、弊社は一応GW休みとなります。

でも、能代は落合モデル、秋田は仁井田モデル、

どちらもイベントやってますので。

「休めなくて、大変だね」

いえ、ちゃんと休みあります。

私、たぶん今年一番休み多いかも!

 

 

 

『嬉しいお言葉』。

秋田仁井田モデルがオープン、

本日ご来場くださったお客様からは、

大変ご好評をいただきました。

嬉しいお言葉、本当に嬉しいです。

HPやカタログではどうしても伝わらない、

細かな仕上がりや上質な空間の広がり、

我々が真に伝えたいのは、そこでの差です。

決して、同じではない確かな差です。

「美しい家には、理由がある」

その意味を、どうぞご体感ください。

『グランドオープン』。

お待たせいたしました。

秋田市仁井田モデル、いよいよグランドオープンです。

明日29日(祝)より、GW期間はすべて公開です。

サンワ興建の、新たなチャレンジのカタチを、どうぞご覧あれ。

(28日11時現在 秋田市仁井田モデル)

本当に青空に映える家です。

期間中の天気だけ心配ですね。

 

『木を使う家』。

能代市の補助事業である、秋田スギ活用に関して、

新年度も事業が継続となりました。

内外装や外塀等に使用すると、補助金が出ます。

木の持つ効果は、見た目だけではないです。

弊社でも、積極的に推進しております。

どうぞお問い合わせください。

『記事掲載』。

能代山本のバイブル紙である北羽新報さんに、

このたびハウスオブザイヤー特別優秀賞受賞の記事、

掲載されております。

「新聞見たよ」とお声掛けもいただいております。

ありがとうございます。

ネクストワン、新年度もすでに着工が決まっております。

(25日付 北羽新報さんより)

 

『総意の難しさ』!?

ついに東京オリンピックの新エンブレム、

組市松紋のA案に決まりました。

かねてより、A案ありきと言われていた、まさにその通りに…。

これにいち早く反応したインターネット界、

まあ、これが総意だと言われればですが、何というか…。

何か釈然としないのは、私だけではないはず。

すべての人が皆、これだというのは世の中にはない。

味噌が好きな人もいれば、塩や醤油が好きな人もいる。

シンプルが好きな人もいれば、ゴテゴテが好きな人もいる。

確かに日本らしさはあるだろうけれど、華やかさは一番ない。

これをシンプルと言えばそうなのだろうけれど、

今回の4案は、どうも同じ土俵であったとは思えないのです。

緊急調査の結果も、納得できるより納得できない方が多い…。

しかし、デザインは決まったのです。

それでもカラーにした方がいいと、私は思う。

このまま藍色ってのは、どうも…。

『最近の流行』!?

ここ半年ほど、ちょっと気になっていることがあります。

それは、住宅雑誌を見るとわかるのですが、

フロアレベルを下げる家が、非常に増えていること。

特に、都会のリビングでは多くないですか?

最近の流行なんでしょうか?

いわゆる、ダウンリビングと言うか、掘り下げリビングというもの。

これは、空間のつながりに視覚的な高さの調整を加えることで、

より広さと開放感を生み出そうとする手法です。

従来は、天井を上げ下げする手法が多かったわけですが、

このダウンリビング、憧れる気持ちはわかります。

かっこいいですもんね。

しかし、ダウンさせるリビング空間と、リビングとつながるDkや廊下部分、

この関係性をしっかりと理解した上で採用するかどうか、

実は、ここが大きなポイントです。

空間の最後としてのダウンリビングは、危険性が少なく安全ですが、

ダウンリビングが、LDKのセンターなんかにあるケースは、

日常生活の中で、危険が伴うことは避けられません。

夜なんかは特に、その危険性が増すことになります。

いくら慣れている我が家と言えども、家で転倒だったり足の踏み外し、

ダウンリビングは、位置関係で諸刃の剣であること、

しっかりと把握した上で検討しましょう。

流行だからと、安易な気持ちでやることが一番の失敗のもと。

もちろん、ダウンリビングは私は反対ではない。

しかし、やり方創り方次第なのです。

『仁井田モデル』。

秋田市仁井田モデルのオープン、

いよいよ来週となりました。

昨日の15時現在の様子です。

協力業者さんには、本当に感謝です。

あと少しです、どうぞお楽しみに。

『フルモデルチェンジ』。

本当に、大変長らくお待たせいたしました。

平成28年度、サンワ興建の第1弾事業といたしまして、

サンワの家、フルモデルチェンジをここにご報告させていただきます。

本日付で、HPもリニューアルさせました。

『美しい家には、理由がある。』

弊社の家づくりは、ダイナミックかつ緻密に生まれ変わります。

「今までと、どこがどう変わったの?」

「詳細を知りたいんだけれど?」

いよいよ、その全貌が明らかになります。

先行で、能代では明日より二日間、落合モデルハウスにて、

「フルモデルチェンジ シリーズ発表会」イベントを開催いたします。

どうぞ、ご来場ください。

翌週には、秋田店でのイベント、

「仁井田モデルハウス グランドオープン」イベントもございます。

ええ、仁井田小前のアレです。

すでに、秋田市のお客様からもお問い合わせをいただいております。

こちらも、ご期待ください。


(23日付 北羽新報さん全面広告より)

『続々と』。

春本番となり、能代市内でもだいぶ新築現場が見られます。

今年は冬が冬らしくなく、非常に過ごしやすかったのですが、

弊社でも、続々と夏前まで新築現場が続いていきます。

お客様のご期待にお応えできるように、精一杯頑張ります。

さて、続々と的な話になりますが、

弊社の新年度プロジェクトがいよいよ始まります。

こちらもまた、続々とあれこれ連続していきます。

第一弾は、今週末。

そしてGWにかけて、第二弾。

6月ごろには、第3弾。

どうぞお楽しみに。