資料請求

スタッフブログ

2016 4月 の記事一覧

『金額アップ』。

東京に行くことが最近多いですが、

ホテル宿泊、高くないですか?

前からこうだったっけと、記憶がないです。

オリンピックに向け、宿泊施設不足が叫ばれてますが、

東京って、本当にすごいところですね。

東京の一番の楽しみは、寝る前の〆のラーメンです。

あとホテルの朝食。

普段は食べないくせに、こういう時は食べるんです。

多少金額アップでも、ご飯が美味しいホテルが好き。

『報道されないのは』。

バドミントンでも、オリンピックエンブレムでもなく、

今、最も世界が大混乱になっているのが、

パナマ文書をめぐるスキャンダルと言われています。

不思議なことに、日本ではほとんど報道されることもなく、

政府に至っては、調査すらコメントすらしないというスタンス、

まあ、一個人や一企業の問題ということなんでしょうが、

それで片付けて増税まっしぐらなら、話になりません。

5月には世界で正式版が発表されるとはいうものの、

ここまでも、錚々たる面々のビック企業が名を連ねていることがわかります。

海外の税金安を経由させるペーパーカンパニーというこの手口やり方は、

まあ頭の良い人ってのは、いろんな意味ですごいですね。

以前から問題視はされてきたものの、誰も触れない禁断のタブー中のタブー…。

国民感情からすれば、例え合法だとしてもすんなり納得はできません。

これが通るのなら、納税の義務なんて吹っ飛んでしまいます。

個人であろうが、企業であろうが、租税回避であることには違いない。

名だたる有名スポンサー企業だからって、今後もマスコミが報道しないのであれば、

「マスコミの存在理由なんてのは、なんてちっぽけなんだろう」

まあ、だから世界規模での今回のリークなんですがね。

海外では、デモが起きています。

日本は、相変わらず平和ですね。

知らなくていいこともありますけれど、

知らなければならないことだって、あるはずです。

『感じ方はそれぞれ』。

しかしいろいろなニュースがあり、

まったく話題に事欠かない毎日ですが、

今日はついに発表となった、東京五輪のエンブレムの、

最終候補に残った4作品です。

感じ方は、人それぞれなんでしょうが、

みなさんはどう感じたでしょうか?

ここからは、私の超個人的な見解を。

組市松紋のA案は、デザインは個人的には好きです。

ただ、色がどうも疑問です。

日本らしさを表現するなら、藍色よりも日の丸の赤の方が良い、

私は、そう思う。

そしてつなぐ輪、広がる和のB案。

パラリンピックのデザインは、一番綺麗です。

オリンピックのデザインは、マジで魔封波にしか見えない。

インターネットでもこの声が多く、逆に推されています。

そして、超える人という風神雷神モチーフのC案です。

かわいらしさとでも表現すればいいのか。

風神雷神であれば、ちょっと壮大さクールジャパンさが足りないか。

サッカーW杯のエンブレムっぽいという意見に同意です。

最後の花咲く、D案。

朝顔をうまくデザインに入れていますが、花の中の太陽が、

私には花火にも見えるし、〇日旗にも…。

結局、誘致の桜モチーフのが一番って声もありますが、

さて、どうなることやら。

『過剰すぎる拒否反応』!?

ちょっと気になっていたCMだったので、

観たいなと思っていたのですが、

なんと、観る前に放送取りやめになってしまいました。

はい、日清食品さんのCMのことです。

「OBAKA’s UNIVERSITY」シリーズの第一弾、

若い世代にエールを贈ることが主旨で、

「何かに夢中になって、バカになる力」「たとえ失敗しても、這い上がる力」

この必要性をユーモラスに表現するねらいであったようです。

しかし、起用したタレントやCM内容に、視聴者から苦情が相次いだとか。

過剰すぎる拒否反応だという意見もあれば、これは当然だという意見もある。

日清食品さんの心意気は、悪くはない。

しかし、世間はまだまだ許してはいなかったのです。

まあ、あれは多少の失敗なんてレベルではなかったですからね。

ずいぶん月日は経っていますが。

不倫は今や、最も嫌われるダントツトップの自爆ネタです。

まあ、こんなことで私のカップヌードル愛は薄れることはない。

みなさんも、そうだと思いますが。

『絶望的な結果』。

しかし世の中はスクープ合戦なのか、

今度はバドミントン界を揺るがす大スキャンダル、

オリンピック選手の裏カジノへの出入り、

プロ野球界に続き、またもや違法賭博が発覚、

オリンピック出場は無理という絶望的な結果だそうです。

スターであるがゆえに、注目される。

スターであるがゆえに、許される!?

残念ながら、今の日本はそうはいかなくなったのです。

認識の甘さ以外の、何物でもない。

私はギャンブルは一切しませんので、魅力はわかりません。

確率論ですが、どうしても負ける勝負としか思えないのです。

あ、でも人生は相当ギャンブルか!?

『各補助金の動向』。

新築やリフォームに関する各補助金の動向、

だいぶその中身が発表されていますね。

ZEH関連が、ハードルがさらに上がった感じです。

国の考え方はわかりますが、非常に難しいレベルです。

三世代同居に関しても、捉え方はわかりますが、

これで爆発的普及とは言い難い。

まあ、やり方と条件、タイミングが合えばもらえる補助金です、

知っておいて損はないですね。

『対応次第』!?

個人的にも、自動車の年間走行距離は、

職業柄、走っている方だとよく言われますが、

それをはるかに上回る、仰天数字のニュース、

秘書が多かったとか、燃費が劣る外車だったとか、

さらにとんでも発言に、インターネットは大騒ぎです。

もはや完全に、お祭り状態となっています。

調べられれば、すぐにわかってしまうような、

どう考えても、まかり通るとは思えないことも、

平気でボンボンと出てくるここ最近のニュース、

対応次第で、印象は変わると言われますが、

対応以前の話であることは、間違いない。

日本はどうなってしまったのでしょう!?

そんな声が、あちこちで聞こえています。

会見が後日あるようですが、注目したいですね。

『類を見ない潔さ』。

たびたび私が取り上げる、おなじみの赤城乳業さんの、

ガリガリ君値上げの新しいコマーシャルが話題です。

25年ぶりの、苦渋の決断だったという値上げ金額、10円。

会長をはじめ、役員社員がずらっと整列、

「値上げは全然考えぬ」から、あれよあれよと変化していく構成、

普通、値上げはネガティブな印象がどうしてもついてまわるものですが、

ここまで、値上げでも最後は許せるってのはそうはない。

これまで、かたくなに守り続けた60円への感謝、

そして、これから守り続ける70円への意気込み、

この会社は、やはり別格中の別格です。

『一新』。

我が読売巨人軍が、非常に調子良いです。

ロケットスタート、順風な船出。

投打にバランスが取れ、粘りもある。

選手の入れ替えはあれども、主軸が安定している。

一新というスローガンで始まった、高橋ジャイアンツ。

毎年思っていますが、今年は特にいけそうな気がする。

まあ、スポーツニュースでしか見てませんが。

今年こそは東京ドーム、行きたいもんだが…。

『美しい家には、理由がある』。

新年度の新たな取り組みについて、

本格発表は4月中旬くらいを予定しています。

しかし正月から、少しずつですがチラ見させておりました。

本日の北羽新報さんの広告も、そういう意味合いです。

我々がこの先進む、家づくりのカタチと考え方。

本格発表前でも、すでに一部のお客様からは、

想定以上の、圧倒的な支持をいただいております。

構想から実現まで、多くの時間を費やした意味がありました。

すでに、弊社営業担当が先行公開を行っております。

ご興味を持たれたお客様には、正式発表前でも、

ご提案を行うこととしておりますので、

どうぞ弊社HPからお問い合わせください。

仮称、「4月発表の新シリーズ」としておきますか。