資料請求

スタッフブログ

2016 5月 の記事一覧

『悲しい事件』。

北海道で起こった、本当に痛ましく悲しい事件。

大規模捜索は行われているものの、まだ発見には至らない。

子を持つ親であれば、誰もが経験する、子どもへの対応の良し悪し。

時にそれは、愛ゆえの教育であり、しつけである。

まだ分別や判断がつかない子ども、でもどうしてもわかってもらいたい、

それは親の気持ちであり、親が教える義務でもあるわけです。

そのやり方や方法には、正解なんてのはないのかもしれない。

自分が親になり、よくわかるようになったこと。

子どもを育てるってのは、実に難しい。

まあ、その何倍も楽しく、かけがえのない時間なわけですが。

いうことを聞かない子どももまた、かわいいもんだと、

そう思えるかどうかなんでしょうがね。

はい、当然カチンとくる方が正解。

「表に立ってなさい」

よくやられたことを思い出します。

はい、だから私は絶対にやりません。

 

 

『春の頂点』。

春の高校野球秋田県大会、

我が能代高校が見事に優勝、

決勝は関東大会みたいなスコアでしたね。

まあ、勝てばいいのです。

春の頂点は、24年振りだそうです。

このチームは、昨秋もトップ3に入り、東北大会へ。

そしてこの春早稲田実業との記念試合の経験。

着実に結果を残している好チームですね。

秋春は強いと言われる能代高校、

今年の夏は、大本命の一番手となります。

さあ、次は夏の頂点へ。

能代松陽に押されていたここ数年、

やはり地元高校が強いと面白いですね。

『言っていることが』。

「リーマンショックレベルにならない限り」

「大震災レベルが起こらない限り」

確か、つい先日もこんな発言で、政府は予定通り増税しますと、

私の記憶では、国会でもそんなやり取りを見た気がします。

サミット明けの昨日の夜の速報に、衝撃が走りました。

まあ、ほぼ誰もが増税はないだろう的な風潮でしたので、

今さらの先送り発言に、別にびっくりはしませんけれど、

熊本の大地震でも、大震災レベルではないとした政府、

景気判断も、ゆるやかに的でリーマンショック級ではないとした政府、

一切ブレる揺れることはないって、思いっきりブレて揺らいじゃいました。

じゃあなぜ今なのか、しかもその理由付けの根拠に関しても、

世界各国メディアから、失笑が起きている日本です。

完全に、選挙対策での増税見送りと取られるのがオチなのに、

それでもやってしまったのですからね。

こういう政治の現状を、若者はどう思うのでしょう。

「国会だって、一日1億かかるのに、何をやってんだ」

これは政府だけの責任ではない、はず。

今一度、政治のモラルとウソのない政治、

どうにかならないものでしょうか。

増税しないからいいでしょには、簡単にはならないと思う。

焦っているのでしょうか?

迷走ぶりがまた、日本を混乱に導かなければいいのですが。

『独特な言い回し』。

オバマ大統領の広島訪問での演説、

改めてその全文を見てみると、思うことが多いです。

日本人では、こういう言い回しはできませんね。

切り口や表現、格が違います。

上手く説明できませんが、非常に聖書的なと言うか、

難しいんだけど、ピンポイントで大事なところはグサッとくる、

やはアメリカ大統領の演説は、流石です。

この独特な言い回し、宗教感の違いが大きいのでしょうか?

それとも、ブレーンのレベルの差なのでしょうか?

日本では、スタンディングオベーション文化はありませんが、

それでも、日本人にも深く心に残り、刻まれました。

心を揺さぶられる演説は、いつ聞いても感動しますね。

我が能代市長のスピーチも、いつ聞いても感動です。

私の知る限り、このへんで能代市長以上のスピーチができる人、

我が人生では、一度も見たことない聞いたことないです。

 

『完成内覧会』。

明日あさっての二日間、

能代市落合にて新築完成内覧会です。

パチンコ ザワールド様裏です。

新シリーズについても同会場にてご説明、

お気軽にご来場の上、お問い合わせください。

(北羽新報さん 28日付広告より)

『手間がかからない』。

家に関する設備関係でのトレンドは、

「使いやすい」

「手間いらず」

「衛生的」

およそ、こんなもんでしょうか。

使いやすさは、もちろんですね。

使いやすさには、操作性の良さや安全性なんてのが含まれます。

手間いらずなんてのは、奥様目線での話でありまして、

掃除がいらないとか楽とかという類です。

衛生的というのは、主に水まわりで多いジャンルです。

もう少し、予算をかけてもいいという人は、

「美しさ」という観点で、トレンドを追ってみてもいいでしょう。

美しさのある設備は、溜息が出るレベルです。

もはや、芸術品の粋です。

新商品ってのは、まさにこの美しさのトレンドの真骨頂、

さすが、高いだけはあるってやつです。

 

『ピリピリムード』。

落ち着かない、実に落ち着かない。

日本にとって、重大な週となりますね。

伊勢志摩サミットに加え、米大統領の広島訪問、

政治では、増税問題や衆参W選挙になるのかどうか、

あ、そういえば東京都知事問題もありましたっけ。

あちこちで、火花や厳戒態勢のピリピリムード。

そして国内で続く、非常に悲しい事件事故。

ゴールデンウィーク後の日本は、何だか落ち着かない毎日です。

熊本大地震だって、まだまだなのに、報道も少しずつ減っている。

現地の切実な声が、他に変えられ届かなくなるのは、避けたいところ。

本当に目を向けなければならないところは、間違いなく熊本です。

『理由がある』。

フルモデルチェンジした弊社の新仕様について、

もちろん、我々からのご提案ですので、

変更は一切できませんということではありません。

しかし、なぜそれを採用したのか、

なぜそのメーカー、なぜその部材なのか、

もっと言えば、なぜその色なのか、その質感なのか、

さらにさらに、なぜその高さなのか、幅なのか、

そこにはすべて、確固たる理由があるのです。

そこまでこだわる? はい、こだわります。

それが、本当に良い家となり、美しさを生むからです。

もちろん、美しさだけではないですからね。

強さと、暮らしやすさ、様々な要因が絡んでこそ、

最高の家は出来上がります。

『クマった』。

この時期、本当に様々な方々のご尽力により、

山の恵みをありがたくいただくことが多いです。

タケノコ、ワラビ、アイコ、ボンナ、シドケ。

私は幼少期には、山にお供したものですが、

年頃になってからは、やれ虫怖いだの痛いだの何だの、

様々な理由をつけては逃げ回ること多し。

もっぱら、いただく専門となってしまいました。

連日、クマの出没による痛ましい事故が起きていることが、

非常に悩ましく、残念でなりません。

山は一日にしてならず。

山に入る人は、少なからずベテランもしくは強者です。

かなり用意周到、でもそれでもクマに遭遇する。

「自分は、大丈夫だろう」

誰もがそう思うのでしょうが、

別に過信でもないのでしょうが。

これ以上、悲しい事故が起こらないことだけ、

切に山の神様に祈りたいと思います。

 

『バトンリレー』。

日本国民がその動向を気にしていた、

歌丸師匠からのバトンが誰に渡されるのか、

ついに、きのうの生放送で発表されました。

いろんな噂がありましたが、このリレーを誰が予想していたか、

的中させられた人は、すごいです。

国民的人気番組ですもんね、プレッシャーは大です。

新メンバーもあるのでしょうか?

大人も子どもも笑点、好き。