資料請求

スタッフブログ

2016 5月 16 の記事一覧

『ZEHに関する動向』。

ZEHに関して、世の中の動向がだいぶ見えてきました。

国が本気で諸外国や各方面からプッシュされているので、

住宅業界は2020年に向け、計画性を持って臨めとのお達し、

ある意味これは、まさに踏み絵的な様相です。

世界から見れば、まだまだ省エネに対する取り組みが甘いとのことで、

これから建てる住宅には、半ば強制的に省エネ創エネを義務付ける、

これがZEHだと感じる一部消費者サイドの考え方とのギャップ、

我々雪国ではだいぶ省エネに対する意識が強くなり、

お客様の認識も強くZEH志向にはなってきていますけれど、

日本全体で見れば、あまりにも高いハードルです。

我々も、いち早くZEHに対する取り組みは行っておりますし、

今年度も実物件ZEHの建築は決まっております。

避けては通れぬZEH、しかし課題が山積みのZEH。

国の思うように進むとは、思えないのが実情です。