資料請求

スタッフブログ

2016 7月 19 の記事一覧

『スコア分析』。

甲子園予選秋田県大会、

夏の第一シード、我が能代高校、

今日が最大のヤマ場と目されていた秋田商業との一戦、

もちろん、観戦することはできませんでしたので、

現場リポートと試合結果スコアから推測する、

超個人的な試合分析を、今日は語ります。

まあ、結果は今さらですので、特にコメントしませんが、

夏に合わせる能力は、秋田ではやはりトップの秋田商業ですね。

どちらが第一シードなのかという、一方的な大差です。

よくコールドにならなかったと思います。

超強力打線と言われる能代をダブルスコアで上回るヒット数、

対する能代は、失策がダブルスコアで秋田商業を上回る結果、

これでは、追いつけるはずもなく自滅です…。

唯一のキラリポイントは、能代は初戦より四死球の少なさ、

良かったところはここでしょうか?

まあ、一長一短ですけれどね。

四死球を避けストライクゾーンで勝負で痛打の嵐、

観なくても、見える気がする…。

まあ、甲子園に限らずプロでもそうです。

四死球と失策は、やはり失点につながります。

これが野球の鉄則です。

しかしどうして能代高校は、夏に勝てないのか。

もはや、秋田県高校野球の新常識!?

秋から春は、県内ではダントツ級レベルなのに…。

まあ、能代に限らず第一シードが甲子園に行けない記録、

また更新されたわけです。

戦国秋田では、シード有無はもはや関係ない時代です。

それでも、前を向きましょう。

能代高校は、確実に復活している!!

さあ、ここからは同じく夏に合わせる県内トップ級の試合巧者、

能代松陽に夢をバトンをつなぎましょう。

能代から甲子園へ。

能代は野球の街です。

それから個人的には、横手城南と金足農のピッチャーが気になります。