資料請求

スタッフブログ

『ネガティブキャンペーン』。

『ネガティブキャンペーン』。

全国各地の甲子園予選も気になるのですが、

同じくらい注目しているのが、やはり都知事選です。

しかし、今回の選挙ほど酷いです。

ネガティブの応酬キャンペーン、

アメリカに比べればかわいいもんですが、

日本では、なかなか刺激的にも思えます。

個人的には、正々堂々と一生懸命にやっている方が、

まあ印象は良いと思うのですが、そこはやはり選挙。

週刊誌ネタやら何やら、誹謗中傷は売られたら売り返す的な、

パロディーコメディーの様相に見えるのは私だけでしょうか?

誰が最後には選ばれるのかでしょうが、

正直、小池候補が逃げ切ると思う。

ここまでの展開は、やはり頭一つ抜けている感があります。

追いつけるか、他陣営。

しかし、ここまでの論点ビジョンが曖昧であれば、

なおさら差は大きくなるだけで、とっておきの切り札がない。

選挙参謀って、やはり重要なんでしょうね。

何を伝えるかまででなくても、何を感じさせるか。

残り数日で、都民の心が大きく動くのか。

まあ、投票権のない私が言えたことでもないですが。