資料請求

スタッフブログ

2016 9月 02 の記事一覧

『上手な暮らし方』。

家は建てて終わりではない。

むしろ建てた後に、いや実際に住んでから、

そこから、たくさんの感動やストーリーは始まる。

家は、暮らし方によってさらに磨きがかかるものです。

「こういう暮らしをしてもらいたい」

私はいつも、お客様の家に対して、想いを持っている。

こんな家具を置いてほしいとか、当然色や素材とか、

空間の広がりのために、ここには置いてここには置かないとか、

家具の大きさや配置に至るまで、

飾りや装飾、その他家電やインテリア全般、

すべてのお客様の家の、完成イメージはある。

なぜそうでなければならないなのか、

ええ、すべてに理由と関連をつけているからです。

しかし残念ながら、娘を送り出す親の心情と言いますか、

実生活でも、いつかマジでそんな日は来るのですが、

お引き渡しが終われば、あとはお客様のセンスと自由、

これがいつまでも、悩みであり心配な部分でもあります。

事実、どうすればいいのか迷うお客様も多いです。

最近特に思うのは、家具等まで含めたトータルコーディネート、

ここまでマジでやろうかと思っているくらいです。

まあ、今でもすべてのお客様ではないですが、やっていますけど。

楽しいですよね、まあ最後はセンスですが。

でも、お客様からお願いされた分だけってのも、なんかですね…。

ここまでが、住宅会社の使命ではないかと思うのです。

すべてのお客様に、最高の暮らしを。

久しぶりに、本当に感動するほど上手な暮らしをしている、

家はそこに暮らすお客様でもっと輝く、それを再実感しました。

アドバイスしなくても、以心伝心!?

家具からインテリアから、空間の残しや家電チョイス、

そして装飾や配色まで、パーフェクト。

「こういう暮らしを」

それが見事なまでに、具現化されていました。

上手な暮らし方というのは、やはり大事です。