資料請求

スタッフブログ

『愕然とする』!?

『愕然とする』!?

本日の北羽新報さんの記事、

見た方も多いのではと思います。

能代山本の土地価格の推移、

まさに、時代を表しているわけですが、

それがまた、愕然とする数字という内容です。

能代がまだ栄華を誇っていたというか、活気があった時代、

もちろん、そんな時代ですから、

土地の値段てのは、景気が良い時ほど特に、

商業地を中心に値上がりするわけです。

しかし、世の中の変遷とともに、地価はどんどん下がり、

今では、見るのも忍びないほどの下落ぶりなんてわけです。

私は、よくこういう昔話と遭遇します。

「駅前は昔は坪20万円でも買えなかった」

「中和通りも、昔は高かったのよ」

「柳町だって、ビックリする値段だったんだ」

はい、昔の話をしていてもしょうがないです。

そんな時代もあったと、歌にもあります。

現在、能代で坪10万円で売買される土地、

ほぼ、姿を消しつつあります。

だって、欲しい人がいないんです。

買える人も、いないです。

昔はそうでも、今の相場は半分以下、

能代の土地は、ほぼそんな感じです。

これから、能代で土地でビジネスができる時代、

う~ん、あるんでしょうか!?

地価の下落は、地方の衰退そのもの。

土地はもちろん財産ですが、

この下がりっぷり、ご先祖様は特に驚愕です。