資料請求

スタッフブログ

2016 9月 の記事一覧

『歓喜の瞬間』。

天候が心配されたおなごりも、無事に終わりました。

毎年、いろんな発見や見どころがあるのですが、

一番かっこよかったのは、やはり金田大臣の凱旋、

知事や市長の歩く姿も良いのですが、

SPを従えて、観客席近くを進むその姿、

大きな歓声は、おなごり以上でした。

私の大好きなさんさも見れたし、

横浜獅子舞もよかったし、

青森ねぶたは、さすがだし、

浅草カーニバル、トイレに行って見てないし、

何だかんだでも、いいおなごりでした。

『夏の終わりのフィナーレ』。

さあ、能代の夏の終わりのフィナーレ、

おなごりフェスティバルがいよいよです。

普段は閑古鳥の寂しい畠町ストリートが、

この日ばかりは、それは活気と人出で賑わいます。

一雨ごとに、秋の気配が感じられますが、

これを見ずして、能代の夏は終わらない。

お昼から、いろんな催し物があるようですが、

弊社でも、明日はビックイベントですが、

朝から夜まで、忙しい一日になりそうです。

ちなみに私は、ずっと盛岡さんさが大好きです。

あ、我が姫の、人だかりデビュー戦でもあります。

どうなることやら。

『五輪を糧に』。

私はテニス関係者ではないですが、

やはり、錦織選手の活躍は、心底すごいと思う。

オリンピックでの銅メダル、

そしてそこからの全米OPでの快進撃です、

オリンピック金メダルのマリー選手を見事に破りました。

人は、負けから何を学ぶのか、

そしてそこからどう伸びていくのか、

まあ、負けなくていいのなら負けたくはないですが、

今回は、価値ある負けであったということ。

金星と言えばそうですが、勝つべくして勝った、

世界のトッププロ、錦織選手。

四大大会のタイトルは、近い。

 

『台風被害』。

我が能代市は幸いなことに、

台風の影響はほぼないですが、

日本各地で、大雨による冠水や土砂災害、

非常に大変な被害が全国で起きています。

被害に遭われた方々は、一日も早く、

平穏な日常が戻りますことを祈りたいです。

しかし、数十年に一度がこんなにも連発、

気象異常は、本当に予想できないのか、

自然の驚異は、凄まじすぎる。

『完敗』。

しかしここまで圧倒的な差をつけられるとは、

完全に、想定外の結果です。

まあ、まだ終わっていませんけれど。

はい、今年のセリーグは広島の強さがけた違い、

神がかっているという例えが、まさにピッタリです。

まず、負けない。

そして、勝負強い。

地元広島はもう、その時を待ち焦がれていることでしょう。

役者が揃い、そして次世代の台頭。

市民球団、広島。

私は子どもの頃、一時期広島ファンだった時があります。

なぜか、広島の帽子を親が買ったから。

私は結構、赤を用意されることが多かったのです。

しかし、田舎は問答無用にジャイアンツファンになるのです。

これは、テレビと親の影響以外にない。

今では、良き思い出です。

地方創生とは、まさにこれですね。

プロ野球、私の唯一の残りの楽しみは、

坂本選手の首位打者獲得のみ…。

あとは、秋のドラフト。

 

 

『10倍の威力』。

2倍や3倍でもすごいのに、

なんと、10倍ですと!?

日清食品さんのカップヌードルの記念企画で、

「カップヌードルBIG 謎肉祭 肉盛りペッパーしょうゆ」、

この度、発売が発表されました。

カップヌードル好きにはたまらないニュースです。

いわゆる、ダイスミンチが通常の10倍、

その破壊力、凄まじい。

なぜか、界王拳10倍を思い出しました。

私は即効で、買いです。

『イベントラッシュ』。

9月は弊社でイベントラッシュです。

次週の大瀬儘下分譲現地商談会に加え、

いよいよフルモデルチェンジでの完成内覧会、

待望の実物件での開催となります。

まあ、毎月忙しいのですが、

特に9月以降は怒涛のイベントラッシュ、

これが12月まで続く感じです。

まさに家づくりを今お考えのお客様は、

どうぞご来場の予定を入れておいてください。

これまでと、何がどう変わったのか、

その仕上がりの違いを、感じてもらえれば嬉しいです。

 

『大瀬儘下分譲について』。

構想から3年、ついに実現へ。

かねてより進めてきました宅地分譲、

9月10日より、大瀬儘下分譲について、

「大瀬ニュータウン」の販売を予定しております。

全10区画、四小が目の前に見えるロケーション、

新しい街並みが、これから生まれます。

大変お待たせいたしましたが、どうぞご期待ください。

 

『上手な暮らし方』。

家は建てて終わりではない。

むしろ建てた後に、いや実際に住んでから、

そこから、たくさんの感動やストーリーは始まる。

家は、暮らし方によってさらに磨きがかかるものです。

「こういう暮らしをしてもらいたい」

私はいつも、お客様の家に対して、想いを持っている。

こんな家具を置いてほしいとか、当然色や素材とか、

空間の広がりのために、ここには置いてここには置かないとか、

家具の大きさや配置に至るまで、

飾りや装飾、その他家電やインテリア全般、

すべてのお客様の家の、完成イメージはある。

なぜそうでなければならないなのか、

ええ、すべてに理由と関連をつけているからです。

しかし残念ながら、娘を送り出す親の心情と言いますか、

実生活でも、いつかマジでそんな日は来るのですが、

お引き渡しが終われば、あとはお客様のセンスと自由、

これがいつまでも、悩みであり心配な部分でもあります。

事実、どうすればいいのか迷うお客様も多いです。

最近特に思うのは、家具等まで含めたトータルコーディネート、

ここまでマジでやろうかと思っているくらいです。

まあ、今でもすべてのお客様ではないですが、やっていますけど。

楽しいですよね、まあ最後はセンスですが。

でも、お客様からお願いされた分だけってのも、なんかですね…。

ここまでが、住宅会社の使命ではないかと思うのです。

すべてのお客様に、最高の暮らしを。

久しぶりに、本当に感動するほど上手な暮らしをしている、

家はそこに暮らすお客様でもっと輝く、それを再実感しました。

アドバイスしなくても、以心伝心!?

家具からインテリアから、空間の残しや家電チョイス、

そして装飾や配色まで、パーフェクト。

「こういう暮らしを」

それが見事なまでに、具現化されていました。

上手な暮らし方というのは、やはり大事です。

 

 

 

『キモチ』。

最近は自分の思いや心情を伝えるケースが多いです。

伝える手段や内容は様々ですが、

ブログなんてのが、芸能人をはじめとして主流です。

本当の気持ちが、湾曲されたり誤ったカタチで伝わるより、

本人の言葉で伝わる方が、我々としても良いですね。

週刊誌やスポーツ紙、当たっているネタもあれば、誤報もある。

何が正しくて、何が間違っているのか、

情報って、今は本当にすべてに影響しますからね。

私もずっと、ブログでいろいろ語ってますが、

最近は、どうも切れ味が悪くなってきたような、

いや、そんなことはないです。

まだまだ、丸くなるつもりはないです。