資料請求

スタッフブログ

『きりたんぽ論』。

『きりたんぽ論』。

朝晩がグッと冷え込み、秋本番、

こういう時期になると、無性に体が欲する、

それが、きりたんぽです。

秋田県民なら、当然の発作症状です。

きりたんぽ、もっとメジャーになってほしい、

しょうゆ系鍋では全国でもトップ級、

個人的には、そう思うのですが、

きりたんぽは、地元でも大きく意見が分かれるほど、

実は繊細でデリケートな鍋でもあります。

具材に関して言えば、王道7種ですよね。

たんぽ、比内地鶏、ゴボウ、舞茸、糸こん、ねぎ、セリ。

問答無用の、たんぽ神セブンと私は呼びます。

これに準じて、天然なめこなんてのは、プラス賛成です。

作り方は非常に簡単でありながら、

しかし、ベースのダシ一つでレベルがわかります。

おいしいきりたんぽと、そうではないきりたんぽ。

味付けも、作り手の腕が、大きく問われる。

奥が、深い。

それから、地域オリジナルの存在、

これが結構大問題でありまして、

例えば、ニンジン入れるとか、油揚げいれるとか、

なめこがいいなら、シイタケも入れてしまおうとか、

これがまた、きりたんぽ信者には邪道な具材、

そういうのは、だまっこ鍋でお願いします的な、

たんぽ大論争にも発展する、切実な問題です。

我が能代市内でも、実はあるんです。

当然のようにニンジンが投入されたり、

ふたを開けたら、油揚げがプラスされてたり、

旧市内は、結構この2種の確率が上がります。

旧郡部では、まず考えられないです。

あ、旧市内はキンダケもあったっけ。

これはまだ、かわいいほうです。

もっと邪道系具材には出会ったことはないですが、

都会でなんちゃってきりたんぽ、

これには白菜が投入されていたりと、

もはやビックリレベルのたんぽもあります。

きりたんぽ、新米の今時期は必須です。

あ、一年中ベストですけれどね。