資料請求

スタッフブログ

2016 10月 の記事一覧

『風力ファンド』。

圧倒的な人気により、抽選となった、

風の松原自然エネルギーの出資者をめぐる争い、

その倍率、3.63倍だったとか。

ほとんどの方が、上限口で申し込んだというではないですか。

「地元の風を、地元の資本で、地元に還元」、

出資を募る大義名分はそうでしょうが、

出資者の思惑は何といっても、その利回り、

最近では比較できないほどの還元率に魅力を感じた、

実際は、そんなところでしょう。

能代は本当にエネルギーのまちとなりましたね。

その中でも、風力の勢いがすごいですね。

風のまち、能代。

そんなキャッチコピー、マジでありえる。

最近では、太陽光が注目されなくなりました。

この流れは、もっと大きくなると思います。

個人の売電単価は、24円から11円へ。

これでは完全に、利回りは計算できなくなります。

太陽光は、もはや過去なのか。

エネルギー政策をめぐる世の中の動きの早さは、

時に、怖ささえ感じます。

 

『選ばれる喜び』。

先日もまた、新たなお客様から新築の依頼、

「すべてお任せしたい」

選ばれる喜びとともに、大きな責任を感じます。

もちろん、これから融資の手続きから、

基本プランニングに始まり実施設計、

予算の配分から全体資金計画までと、

いろいろな壁や問題をクリアしていくわけですが、

出逢ったその場で、お客様が即決というパターン、

これって、改めて思ってもすごいことですよね。

すべてのお客様が、できることではないと思う。

家づくりは、一大プロジェクト。

そんなに簡単に、決められるものでもない。

だから、別に急がせるつもりは毛頭ないんです。

焦って、いいことなんてない。

でも、実際に即決で決めてくださるお客様もいる。

「家づくりには、勢いも大事」、

そう実際に話されたお客様もいます。

感性とセンスと、フィーリングってのは、家づくりでもシンクロする。

それを感じとったお客様が、「よしやる」となってくれれば、

あとは、私の仕事です。

迷われても、即決でも、いい。

選ばれる喜びを、最近特に大事にしています。

それはモチベーションであり、活力です。

 

 

 

 

『避難指示解除』。

昨日の雨はすごかったですね。

防災情報が出ました。

私のスマホは、まったく鳴りませんでした。

う~ん、なぜでしょうか?

秋田県内に出ていた避難指示も解除、

床上床下浸水や、一部通行不能など、

場所によっては被害があったとか。

台風も怖いですが、大雨も怖いです。

 

『勢い』。

クライマックスシリーズが始まったようです。

2位と3位が、1位への挑戦権をかけて戦う、

短期決戦ですから、勢いが大事。

今年のペナントレースの勢いが、そのままな感じ。

チームも、選手も、勢いがある方が勝つ。

タイトルホルダー、役者はさすがですね。

今のプロ野球は、完全に中継ぎやクローザー、

これが勝敗を左右する世の中になりました。

さあ、勝つのはどっちだ!?

『完成内覧会第二弾』。

明日あさっての二日間、

フルモデルチェンジ後の実物件完成内覧会第二弾、

前回はホワイトシカクの家、

今回は、ブラックシカクの家です。

「Jupiter Cube アレンジバージョン」、

前回も、多くのお客様より好評をいただいております。

今までと家づくりの何を変えたのか、

これまでより、何が劇的に変わったのか、

どうぞ直接ご覧あれ。

場所は、能代市字藤山、

認定こども園さかき幼稚園保育園さん前です。

sanwa161008.pdf

『新庁舎』。

能代市役所の新庁舎、

気がついたら、できていたようです。

まあ、外構など一部別発注今後な工事もあるのか、

まだ、スカッとしていない部分もありますが、

印象は、茶色!!

旧二小側から見ると、印象深いのか、凛々しい感じです。

完全完成が、楽しみですね。

職員の皆さんは、年末からの引っ越しが大変でしょう。

今までの市庁舎は、あまりにも古過ぎましたからね。

夏は暑く、冬は寒い。

新庁舎は、さぞ快適だと思います。

内部も、実際見たい!!

 

『ちょっと気になる話』。

今年度の第二次補正予算で、国土交通省が措置予定、

その内容が、ちょっと気になりました。

まあ、中身がよくまだわからないのですが、

報道発表の中で、これはと思ったのが、

耐震性のない住宅を除却し、省エネ性の高い住宅を建て替えた場合、

まあ、数十年経過している住宅であれば、おそらくいけるのでは、

補助金が出るようです。

30万円から50万円の間での予定らしいです。

ちょっと、気になりました。

詳細は、情報をゲットしたらまたお知らせします。

『10月なのに』。

10月なのに都会では真夏日だったり、

非常にビックリ仰天な天気ですね。

また、強烈な台風が日本を縦断する可能性、

数十年に一度が、多すぎます。

比較的、10月ってのは一年でも過ごしやすく、

食べ物がおいしく、いろんな行楽催し物がありますが、

穏やかな天気が続く、そんな10月であってほしいです。

10月なのに、雪だけは勘弁してもらいたい。

今月も、着工案件が続々と始まります。

頑張ります。

 

『〇〇世代』。

その時代を特に牽引する人から取って、

よく、〇〇世代なんて括りがされます。

野球の世界なんて、特にそうですね。

しかし、どうも最近、この〇〇世代の中心が、

非常に苦しんでいる傾向にありますね。

鳴り物入りでプロに入り、もちろん活躍。

まあ、いつまでも順風満帆であればいいですが、

そこは勝負の世界ですから、うまくいかないこともある。

個人的には、松坂投手の再起を願っていましたが、

非常に厳しい現実が、本人にもチームにも与えた影響、

無理してまで、この今の時期にトライする必要があったのか、

私は、いろいろと感じることが多くありました。

あれだけの大投手です。

私は、その日を待ちたいと思います。

 

『古き良き時代』。

昔はどうたらこうたらとか、よく懐かしむことがありますが、

確実に世の中は進み、今の方が技術の進歩はめざましいですが、

それでも、古き良き時代ってのは、色褪せないもんです。

任天堂さんが先日発表したニュースに、心躍った人も多いのでは。

はい、ドストライク世代にはたまらない、ファミコンが復刻です。

(ニンテンドーさんより クラシックミニファミリーコンピュータ)

11月10日に発売が決定しましたよね。

手のひらサイズで、コンパクト設計、

それでいて、30タイトルソフト収録というから、

もう、た、たまりません。

個人的には、マリオはもちろん、エキサイトバイク、グラディウス、

イーアルカンフー、ドンキーコング、ゼルダの伝説、

挙げたら、キリがない。

やった~、本当やった~。

ファミコンが家に来たあの日は、こんだけ幸せなことがあるのかと、

子どもながらに、心底感動した記憶があります。

コントローラーの取り合いに、やり過ぎで親に怒られたり、

ファミコンは、まさに、我々の生活の一部でした。

今、懸命に子どもの頃の記憶を呼び戻し中です。

これは、絶対に買いですね。

だって、5,980円ですよ。

今のハイテクも面白いんだろうけれど、

このアナログさは、何にも言い難い魅力です。

子どもは、3DS。

大人は、ファミコン。

この秋は、ゲームが熱い。

これ、今年の忘年会系の商品にもってこいじゃないですか?

もらって、嫌な人はいない。

大人買いの、大ブームの予感。

コントローラーのサイズだけが、気になるのと、

Ⅱコントローラーのマイクがない。

まあ、私は文句は言いません。

さあ、ゲーマーになるか。